エラー「X:¥にアクセスできません。アクセスが拒否されました」

ある時、アクセス許可の原因でファイルまたはフォルダーの内容を読み取ったり変更したりできないです。ある場合には、アクセス許可の観点から内容の所有者ではないと、ファイルを開こうとするたびに “アクセスが拒否されました”というメッセージが表示されることがあります。

場所が利用できません。アクセスが拒否されました

もしシステムがこのエラーが発生した場合は、まずこの記事の「ファイルアクセス拒否」というメッセージを削除してみてください。 許可を再確認することで、このような問題を簡単に解決できます。 ここには3つのチェックポイントがあります。この問題を解決するには、自分で確認する必要があります。 始まる前に、システムの復元ポイントを作成してください。

修正1

1、アクセス拒否メッセージを取得したファイルまたはフォルダーの所有権を取得します。

2、同じフォルダを右クリックして、「プロパティ」をクリックしてください。 また、「セキュリティ」タブに切り替え、「詳細設定」をクリックします。今はコンテンツの所有者になったので、「子オブジェクトのアクセス許可エントリすべてを、このオブジェクトの継承可能なアクセス許可エントリで置き換える」にチェックマークをつけてください。 「適用」をクリックしてから[OK]をクリックします。

問題が解決したかどうかを確認し、解決していない場合は修正2に進みます。

修正2

1、エラーが発生しているフォルダーまたはファイルを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

2、次、「セキュリティ」タブに切り替え、「グループまたはユーザー名」で使っているユーザー名をクリックして、「 編集」をクリックします。

3、フルコントロール、読み取り、書き込み、変更などのすべてのオプションにチェックマークが許可されていることを確認する必要があります。 確認した後、「適用」をクリックしてから「OK」をクリックします。 これまでにチェックマークをつけていないオプションをチェックマークをつけた場合は、問題を解決したかどうかを確認してください。

問題を解決するには、修正1と修正2を組み合わせる必要があります。

修正3

フォルダまたはファイルの内容が暗号化されている場合は、アクセス拒否エラーも発生する可能性があります。

1、この問題に対処するには、ファイルまたはフォルダーを右クリックし、「プロパティ」を選択します。

2、「全般」タブで、「詳細設定」をクリックします。「内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する」を無効にしてください。

参照:Windows 8では、「内容を暗号化してデータをセキュリティで保護する」が無効になっています。

3、データが開放されると、ファイルまたはフォルダーの内容を確認できるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です