24 October, 2020

私たちのネットワークの接続が何故遅いですか

ネットワーク接続の速度が遅くなる原因は様々あります。

Webブラウザを閉じてから再オープンしたり、Internetの接続を切ってから再接続すしたりするとInternetが遅くなる可能性のある多くの原因をリセットすることができます。

ネットワークが遅い原因は?

インターネットが混雑

Internetサービスプロバイダは通常、Internet接続を複数の家庭間で共有するように設定しています。電話回線やブロードバンドの接続により単独で接続されていても、電話交換機でのInternetの部分との接続は、実際には複数人で共有されている可能性があります 。その場合、多くのご近所さんがInternetを共有していれば、スピードが遅くなります。ご近所の多くの人がInternetにアクセスしている場合(例えば夜)は遅くなる可能性が高いです。

一度に多くの内容をダウンロードする

Internet接続を使用している人が一度に複数のファイルをダウンロードしたり、動画を視聴したりすると、Internet接続が理想的な速度に達していない場合があります。

信頼できない接続

あるInternet接続が信頼できません。特に、一時的な接続や高需要地域の接続はその通りです。カフェやコンベンションセンターなどの人が密集している所でInternetに接続する場合は非常に混雑していて、かつ信頼できません。

弱い無線接続信号(wifi)

無線(wifi)を介してInternetに接続する場合は、トップパネル内のネットワークメニューをチェックし、電波が良好かどうかを確認してください。電波が悪ければInternetの速度が遅くなり、電波が強くないためです。

使用するモバイルネットワークの接続スピードが遅い

モバイルネットワークに接続されていて、速度が遅い場合は受信信号の弱いエリアに入っている可能性があります。この場合、Internet接続は高速移動体ブロードバンド接続(例えば3G)から、より信頼性が高いが遅い接続(例えばGPRS)に自動的に切り替わります。

Webブラウザに問題がある

Webブラウザの速度が遅くなるという問題があります。その原因はさまざまです。例えば、ブラウザがうまくロードできないサイトにアクセスしたか、あるいはブラウザが開いたままの時間が長過ぎるなどです。解決方法はブラウザのすべてのウインドウを閉じてから再開します。改善されたかどうかをチェックしてください。

会社はWiFi信号が強いが、アクセス速度は遅い!これはなぜですかね。ご心配いらなく、下記は解決方法です。

WiFi信号干渉となる原因

無線WiFi発信源が多すぎて、干渉を引き起こす

起業型企業にとっては同じオフィスビルの中で、社内で検索してみると、何十個ものWiFi信号が出現します。無線信号源が多すぎて、深く相互に干渉します。

現在の無線ルータは、2.4Ghzと5Ghzの2つの周波数帯で動作しており、そのほとんどが2.4Gです。多くのルータはデフォルトのチャネルを1または6に設定します。このように、同一周波数同一チャネルの下では、非常に干渉されやすいです 。同じ帯域の音の干渉結果のように、ノイズが多く出て、はっきり聞こえません。 WiFiの干渉は、インターネットデータパケットの損失とWebページのオープンが非常に遅くなります。

社内の他の機器と同一周波数で干渉が発生する

同じ2.4Gで動作する機器には、電子レンジやbluetooth機器などがあります。bluetooth機器はパワーが小さいので干渉は考慮しません 。電子レンジが動作する場合に漏れのパワーが大きくて、干渉になったりすることがあるが、これは簡単に発見し抑えられます。

無線WiFi信号が強いのに、インターネットスピードが遅い問題の解決方法

会社のWiFi信号がいっぱいですが、接続速度が遅いことが分かった場合は、まず、電子レンジが作動していないか、ブロードバンド自体に問題がないかを確認してください。そして多くの人が同時に利用していなくてもスピードが遅い場合は手動でWiFi信号干渉の問題を解決しなければならないのです。

解決も複雑ではありません。ルータに5Gの帯域があれば、5Gのネットワークを接続してください。これで大抵の問題が解決できます。多くのルータが2.4Gのチャンネルを利用しているためです。

周辺のWiFi状況を測定し分析する

周辺のWiFiの数、強さなどを測定します。主にすべてのWiFi信号が使用されているチャネルをチェックします。ルータ使っているチャネルが最も多く使用されているWiFi源にあるかどうかをチェックします。最も多いWIFI源であれば避けなければなりません。

無線AP/ルータのチャネルを設定する

測定後は、無線AP/ルータチャネルを新たに設置し、WiFiスタックのチャネルを避けるようにすればよいのです。

Wifiの2.4GHzでは国内で13チャネルが利用可能ですが、相互に干渉しないチャネルは3個しかないのです。例えば、一般的に使用されているのは 1、6、11チャネルです。したがって、一般的なルータの出荷設定のデフォルトチャネルは1または6であるため、信号がスタックして干渉されやすいです。

したがって、干渉が発生した後にチャネルを見つけてセットすればよいのです。あるいは簡単に直接11か13に設定すれば大抵よくなります。

wi-fi信号を自働に設定しないことに注意してください。自働モードは、一般的には周辺のwi-fi信号強度、チャンネルをスキャンして判断しますが、スキャンの周波数が大きくなり、利用にも影響を及ぼします。

無線AP/ルータのネットワーク最適化

これは、無線AP/ルータの管理バックグラウンドに入ってルータを管理します。インタフェースでの操作が簡単でアプリケーションを加えることもできます。普通は2.4Gと5Gの2つが利用できます。各無線APのアクセス状況を最適化し、端末ユーザを最も近い無線APに接続し、信号の悪いまたは負荷の大きいAPに接続することを回避します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です