25 September, 2020

2Dアクションシューティングゲーム(横型)「カップヘッド(Cuphead)」がPS4に登録しました

2020年7月29日、Studio MDHRが制作した横型(横型とはゲームの進行画面が左から右へ、あるいは右から左へのみが操作されるゲームのこと)アドベンチャーゲームであるCupheadがPS4プラットフォームで発売され、価格は1,980円でした。 統計によると、その日のCupheadのプラットフォームの累計売上は600万を超えています。公式発表では、デジタル写真集、舞台裏のストーリー、「再生」できるオリジナルのサウンド鑑赏など、無料のDLC(Downloadable Content:ダウンロードできる内容)が将来発売される予定です。具体的な発売時期は未定です。

このゲームの物語の筋は非常に簡単です。・カップヘッドとマグマン2人兄弟が悪魔のカジノに迷い込みました。その後の勝利により、貪欲で頭を奪ってしまいました。最終的に、悪魔が直接出てきて、次のラウンドに勝てば、カジノ全体が彼らのものになると言いました。 その結果は当然のことですが、悪魔は完全に勝利しました。借金を返済するための2人は悪魔のヘルパーになり、借金ギャンブラーの魂を集めるタスクを受けました。そして、プレイヤーの冒険が始まりました。

StudioMDHRは、前回の生放送でCuphead DLCの準備についても話しました。 「Cuphead」ゲームは数年前から発売されていますが、Cuphead DLCは発売されるまでしばらく待たなければなりません。 さらに、関係者は、番組「カップヘッドショー!」で、「Cuphead」ゲームもアニメシリーズを制作する予定で、後で新しい計画があると述べています。

さらに、iam8bitJapanは2020年半ばに公式のカップヘッドミュージックCDをリリースします。 CDにはゲーム内の全曲、合計51曲が収録されており、そのうち2曲が初めて収録されています。 現在、iam8bit Japanの公式サイトでCDの予約を受け付けています。

CupheadはBOSSと戦うをベースにした横型ゲームです。1930年代の漫画にヒントされ、ゲーム画面と効果音は、伝統的なセル画の手描きアニメーション、水彩画の背景、オリジナルジャズなど、当時のテクノロジーを再現するように努めています。

プレイヤーは、ゲームでティーカップヘッドまたはマグマンを演じ、(シングルプレイヤーモードまたは2プレイヤー協力モード)、奇妙な世界を旅し、新しい武器を収集し、クールで強力な技を習得し、隠された秘密を探り、悪魔を借金を返済できるように戦う物語です。

Cupheadは、2017年9月29日にXbox OneとPCで、2019年4月18日に任天堂NSプラットフォームで発売されました。

CupheadのSwitchバージョン

CupheadのSwitchバージョンはMDHR Studio自身によって制作し、ゲームは他のバージョンと非常に似ています。 CupheadのSwitchバージョンは、ホストモードで基準1080p / 60フレームに達し、非常にスムーズです。ハンドヘルドモードでも60フレームで実行できますが、解像度は720Pまでに低下します。 他のバージョンと比較して、Cupheadのスイッチバージョンでは、プレイヤーはシングルプレイヤーモードでマグマンが使用でき、バトルとカットシーンを追加しました。

カップヘッドはどれくらい難しいですか?遊びやすいですか?

簡単な操作ガイドを経験した後、プレイヤーはすぐに「カイシの三兄弟」を倒すゲームの最初の挑戦になります。 難易度選択インターフェイスでは、通常の難易度を選択しましたが、「カイシの三兄弟」はすぐにプレイヤーに最初の一撃しました。

「ねえ、何かがおかしいのですか?このゲームはなぜ最初からBOSSとの戦いなのですか?なぜ最初からこんなに難しいですか?」

数回失敗(一部の人は十数回または数十回)し、BOSSの行動を把握した後、ようやくBOSSを倒し、最初の契約に成功しましたが、冒険はまだ始まったばかりです。リストインターフェースで、現在の魂の回収進行状況とステージの評価が確認できます。最初のステージ(World)だけに、5つのボスと他の2つの小さなステージに勝てなければなりません。 実際、これは「Cuphead」と他の横型のクリアランスゲームとの最大の違いでもあります。この小さな作品では、横型のクリアランス(Run and Gun)ステージとBOSS戦は完全に分離されており、BOSSではにクリアランスの内容がありません。 通常のクリアランスステージではボス戦はありません。 「コントラ」や「ロックマン」など、ほとんどのプレイヤーが馴染みのあるFCのクラシックな横型のクリアランスゲームは、2つの部分を組み合わせています。

もちろん、このゲームの設定には問題はありませんが、プレイヤーを本当に困らせるのは、ゲームで恐ろしい力を持つ十数人のボスです。 「カイシの三兄弟」を倒した後、プレイヤーはすぐに他のBOSS恐ろしい実力に手が焼きます。それが迷惑で愚かなピンボール(著者によって命名されたもの)、手押し車でのミスムーン、または魔法のダンスを踊っているひまわり、どのボスでもプレイヤーにハンドルを投げたいぐらい難しくて、手が焼くでしょう。マイクロソフトが このゲームのリリース後1か月以内に、コントローラー販売は、5倍以上増加するでしょう(笑)。

振り返ってみると、この作品の意外な難しさは次の要因によって引き起こされます。最初の要因は、この作品のキャラクターの強化が非常に難しいことです。 ゲームの難易度を効果的に下げる唯一の方法は、ステージでゴールドコインを集めてから、売店に行き、さまざまな弾丸や新しい能力を購入することです。 ただし、各ステージには2つの小ステージしかなく、合計10枚のゴールドコインしか集められません。ゴールドコインが非常に少ないため、ステージに応じて能力強化の順番を意識して決める必要があります。目標なく適当に能力を強化すると、涙が出るぐらい困ります。

2番目の要因は最も重要な要因す。つまり、ゲーム内で生命値を回復する手段がなく、一回死んだ後、ステージを途中から始める方法がありません。キャラクターには、最初は3点の生命値しかなく、死んだら、最初からやり直す必要があります。生命値を足すことができない設定はゲームの難しいさを大幅増します。 次著者は、BOSS カエル兄弟(Frog Brothers)を例に、生命値が非常に多いBOSSと生命値が3点しかないこの二重の難しさを味わってみましょう。

「カエル兄弟」はゲーム序盤の代表的なBOSSで、それほど難しくはありませんが、開発チームの設計思想を探ることができます。 ゲームの中間段階と後期段階の難しいボスと同様に、「カエル兄弟」にはさまざまなバトルステージがあり、難易度は次第に高くなります。最初は、「カエル兄弟」はいくつかの速い発射体を解放するだけで、目と手が速い限り、プレーヤーは怪我をせずにかわすことができます。次に、 2人は画面の左側と右側に立って、1人は発射体を放出し、もう1人はファンになり、風を吹くことでプレーヤーの動きに影響を与えます。最終的に、2人の兄弟は一台のスロットマシンに変身し、さまざまな結果に応じてさまざまな攻撃を行います。 全体のプロセスは、緩和から緊張へ、ゆっくりから高速へと進み、ミスを犯す回数は非常に低くなります。 「カエル兄弟」はゲームでより簡単なBOSSにすぎませんが、後期には、ビークイーン、海賊キャプテン、サイコロキングなどの他の人たちが、これに基づいてBOSSを大幅に強化し、プレーヤーにとっては絶望的な難しいさです。

難しさは怖くありませんが、このゲームの魅力は難しいと知った上で止められないことです。 このゲームで最も「人を引く付ける」設定の1つは、プレイヤーがBOSSに失敗した後、ゲームが提示画像を出し、プレイヤーがBOSSを倒すまでの進捗状況を示します。 特に最終ステージで失敗したプレイヤーは悔しくて、勝つまで何度も何度も挑戦し続けます。

フォールトトレラント率が非常に低く、難易度が高く、「戦い進捗状況」の提示があるなど、無数のプレーヤーがCupheadの世界に没頭しています。もちろん、ゲームの各ステージ設定が非常に優れていて、堂々としています。

シュート! 難しい!気持ちいい!

宮崎英高の『DARK SOULS』(ダークソウル)シリーズでの悪意のある難しさとは異なり、Cupheadは、ゲームの始めからこれは非常に非常に難しいゲームであることを明確に伝えて、ゲームに仕掛けをしていません。 プレイヤーが勝利する唯一の方法は、機敏に動いている間にBOSSのHPを0までに減らすことです。 ゲーム中に平地戦闘に加えて空中戦が追加されており、非常に難易度の高い空中戦がゲームの売りポイントの1つです。

中でも、Cupheadで最も難しいBOSSのいくつかは、小さな飛行機を運転して倒す必要があります。手押し車のMiss Moonは、最初のステージで最も難しいBOSSと言えます。常に嫌がらせをする兵士、空を飛んでいる飛行小道具など、非常に限られた移動スペースにより、プレイヤーはゲームに完全に集中します。優れた操作感とコンパクトなゲームリズムも、時間の経過を忘れさせます。 後の空中戦でBOSSとの戦いは常にこの要素を強化しており、プレーヤーのダイナミックな視力と即時の反応にかなり厳しいです。

一般的に言って、このゲームの空中戦部分は非常に難しいですが、FC時代のクラッシックな横型シューティングゲームの真髄を再現できました。BOSSの狂った砲撃はプレーヤーを絶望させますが、極めて困難な状況の中で、勝利の道をつくて、成功させること自体は達成感や大きな喜びを感じます。 したがって、Steamのプレーヤーは次のようにコメントしました:このゲームは、シュート、ムズイ、気持ちいいの3つの単語に要約できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です