Windows 10モバイルホットスポットの使用方法、接続できない場合の対処方法

コンピューターとwifiが多くの人々の生活に欠かせないものとなった今、WiFiを使用してインターネットに接続接続するのは通常手段です。 Windows 10システムを使用してモバイルホットスポットを開くと、サポートされているワイヤレスネットワークカードが見つからないというメッセージが表示される場合があります。 ドライバーの更新或いは再インストールしてもやはり使えません。 このため、次の方法で修復することができます。

「設定」を使用してWindows 10 モバイルホットスポットを作成する

概要: コンピューターについてよく知らない場合は、このような簡単な方法でWindows 10でモバイルホットスポットを作成できます。 Windowsの[設定]のあるスイッチにより、WiFiを備えたラップトップまたはデスクトップコンピューターをモバイルホットスポットに変えることができます。

[モバイルホットスポット]ウィンドウを開きます。

「スタート」ボタンを選択し、次に「設定」-「ネットワークとインターネット」-「モバイルホットスポット」を選択します。

共有する接続を選択します。

次の「インターネット接続を共有する」のリストで、共有するインターネット接続を選択します。

ネットワーク名とパスワードを入力してください:

「編集」をクリックし、新しいネットワーク名とパスワードを入力して、「保存」を選択します。

スイッチを入れる:

[インターネット接続を他のデバイスと共有します]スイッチをオンに設定します。

作成されたホットスポットを他のデバイスに接続します。 別のデバイスに接続するには、そのデバイスのワイヤレスLAN設定に移動し、ネットワーク名を見つけて選択し、パスワードを入力して接続します。

コマンドを使用してWindows 10 WiFiホットスポットを作成する

概要: コマンドプロンプトに数行のコマンドを入力すると、「ホストされたネットワーク」機能が開始され、Windows 10でバーチャルWiFiを作成できます。方法1でホットスポットを作成できない場合は、この方法を使用してください。下記はその操作手順です。

パソコンがこの機能をサポートしていることを確認してください。

(1)検索バーでコマンドプロンプトを検索し、管理者として実行を選択します。

(2)コマンドプロンプトダイアログボックスに「netsh wlan show drivers」と入力し、Enterキーを押します。

(3)画面に「Supported Bearer Network:Yes」と表示されているか確認してください。 YESの場合は、引き続き以下を参照して、Windows 10でWiFiホットスポットを作成してください。

ホットスポットを作成します。 次のコマンドを入力します。netshwlan set hostednetwork mode = allow ssid =ネットワーク名key=ネットワークパスワードを入力して、Enterキーを押します。 注: SSIDの後にWiFiの名前を付け、パスワードを少なくとも8文字に設定してください。

ホットスポットをアクティブにします。 コマンドnetsh wlan start hostednetworkを入力してアクティブにします。 「ベアリングネットワークが開始しました」という画面が表示されると、Windows 10でWiFiホットスポットが正常に作成されていることを意味します。 次では、WiFiホットスポットをワイヤレスデバイスと共有します。

「設定」で「ネットワークとインターネット」を開きます。「状態」タブをクリックします。 「ネットワーク設定の変更」項目で[アダプターのオプションを変更する]を選択します。 注:ネットワーク接続ウィンドウでは、「ローカル接続* +数字」が表示されます。これは、ネットワークがホストされた後に表示されるバーチャルWiFiアダプターです。

ネットワークアダプタの[プロパティ]ウィンドウを開きます。

現在動作しているネットワークアダプター(イーサネットまたはWLAN)を右クリックし、[プロパティ]を選択します。

接続を共有します。

[共有]タブを選択し、[ネットワークのほかのユーザーに、このコンピュータのインターネット接続をとおしての接続を許可する]を有効にします。 ホームネットワーク接続のドロップダウンメニューから[ローカルエリア接続* +数字]を選択します。 OKをクリックします。

完成です。 これで、作成したホットスポットを使用してオンラインにすることができます。

注意事項

ショートカットキーWin + Xを使用してジャンプリストを開き、最新のWindows 10バージョンでは、「コマンドプロンプト(管理者)」が「Windows PowerShell(管理者)」に変更されています。

上記では、Win10システムでWiFiホットスポットを作成する2つの方法であり、操作手順は簡単で、使い慣れている方法を選択してください。

Windows 10モバイルホットスポットが接続にできない場合の対処方法

1、Windowsの「設定」で[ネットワークとインターネット]を選択します。

2、「モバイルホットスポット」をクリックします。

次のページで「モバイルホットスポットを設定できません。Wi-Fiをオンにしてください」と表示された場合

解決方法:「スタートボタン」を右クリックして「コンピュータの管理」クリックします。次のウィンドウの左側にある「デバイスマネージャ」を右クリックし、メニューバーの[表示]-[非表示のデバイスの表示]をクリックします。そして右側にある「ネットワークアダプター」のリストの下にMicrosoft Wi-Fi Direct Virtual Adapter#2を見つけてください。 右クリックしてアダプターを有効にします。

3、アダプターを変更後、ネットワーク接続にローカル接続* 12があることを確認できます。これはモバイルホットスポットであり、コンピューターがイーサネット3を介して有線ネットワークに接続されています。

4、[イーサネット3]を右クリックして[プロパティ]を選択し、[共有]タブで「ネットワークのほかのユーザーに、このコンピュータのインターネット接続をとおしての接続を許可する]を有効にします。そしてホームネットワーク接続のドロップダウンメニューから先ほど作成したネットワーク接続を選択して、[OK]をクリックします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です