27 September, 2020

Chuwi Chiwei Minibook評価:完備した機能、共通インターフェースが完備

Chiweiは1080pのタッチスクリーンを備えたノートパソコンで、完備した機能、バランスの取れたパフォーマンス、共通インターフェイスを備えています。 ただし、主流ではないキーボードレイアウトと光学式ポインティングスティックは、ユーザーに追加の学習コストをもたらします。

Chiwei MiniBookは、中国のOEMメーカーがIndieGogoで発売した最新の製品です。 この製品は主に、ウルトラブックよりも薄くて軽い製品を必要とするユーザー向けです。 レノボ(Lenovo)yogaの360度ヒンジの真似、16:10 1200pタッチスクリーン、アルミニウムケース、拡張可能なストレージ、コンパクトなボディ(8インチ)など、いくつかの目を引く機能があります。

製造元は2つのCPU構成、Celeron N4100とM3-8100Yを提供する予定で、それぞれ429 USドルと529 USドルの価格になります。(2つのバージョンはCPUのみが異なります)。 Chiwei MiniBookは、主にMacBook Air、Surface Go、Lenovo yoga、および最新のTopjoy Falcon製品を競争相手としています。

仕様リスト

外観

Chiwei MiniBookは、LapBookよりも厚いアルミ合金ケースを使用し、強化構造を備えているため、非常に丈夫です。 コンピュータの上部カバーでさえ、圧力がかかったときに変形したり、異常な音を立てたりすることはありません。

360度回転できるヒンジ。 開閉角度が180度より大きい場合、コンピューターのキーボードは自動的に無効になります。

厚みのあるボディはしっかりとした感触が与えられます。

マットなアルミ素材で指紋が付きにくいです。

ヒンジの抵抗は均一ではなく、180度近く開くと抵抗が弱くなります。

サイズ比較

インターフェース

パソコンのインターフェースはすべて左側と右側に集中しています。 コンピューターのサイズの制限により、より汎用性の高い標準サイズのHDMIインターフェイスとSDカードリーダーが提供できず、ミニHDMIとmicroSDカードリーダーが提供されました。

さらに、いくつかの問題があります。まず、右側のUSBインターフェースが逆です。 次に、左側にType-Cインターフェースが1つしかありません。データの転送や充電両方を担当します。 これは、充電時にChiwei MiniBookがType-Cインターフェースを介して他のデバイスに接続できないことを意味します。

正面
右側:MicroSD、USB 2.0、3.5 mmヘッドフォンジャック
左:Type-C(電源インターフェイス)、mini-HDMI、USB 3.0

SDカードリーダー

内蔵microSDカードリーダーの転送速度は非常に遅いです。1GBの画像をUHS-IIメモリカードからデスクトップにコピーするのに約45秒かかります。比較すると、Dell XPS 13では同じ操作するのに7秒しかかかりません。 メモリカードをカードリーダーに挿入した後、メモリカードは基本的に露出していないため、メモリカードが誤って破損するのを防ぐことができますが、メモリカードを取り出すのが難しい場合があります。

転送速度

速度が1.73Gbpsの高価な2×2 Intel 8260ネットワークカードと比較して、MiniBookで使用される1×1 Intel 3165ネットワークカードの最大速度は433Mbpsのみです。 このパフォーマンスはネットブックには十分であると考えられています。 WANなしのバージョンはBluetooth 4.2をサポートします。

メンテナンス

7つのネジを外した後、一番下のカバを取り外すことができます。メモリとWLANカードはマザーボードに溶接されていますが、ユーザーは2番目のSSDハードドライブを追加したり、バッテリーを交換したりできます。

付属品とアフターサービス

パソコンの箱には余分な付属品はありません。 また、Chiwei MiniBookのタッチスクリーンはWACOMペンと互換性がないようです。 メーカーは1年間のアフターサービスを提供することを期待しています。でなければ、修理費用が自己負担になります。

入力デバイスのキーボード

キーボードを評価したときはとても驚きました。 低価格と小型サイズにもかかわらず、バックライト付きキーボードのタイピング触感非常に明確で、キーの移動距離も短くありません。 ただし、キーボードの面積が小さいため、キーボードのレイアウトは独特です。アルファベットキーを除いて、他のキーは非常に小さく、奇妙な形をしています。 ユーザーがこのキーボードに慣れるまでしばらく時間がかかります。

タッチパッド

MiniBookは光学ポインティングスティックを使用していますが、実際の使用体験はtrackpadやLenovoのTrackPointとはかけ離れています。 マウスカーソルの動きが遅いため、クリックやドラッグが難しい場合があります。 多くの場合、タッチスクリーンを直接クリックする方が便利です。 したがって、必要に応じて外付けマウスをお持ちになることをお勧めします。

標準の白バックライト

LenovoのTrackPointと比較して、この光学ポインティングスティックの精度ははるかに低いです。

フルサイズのQWERTYキーボード、優れたノック感触
赤い電源ボタンは、指紋認識機能が追加できるとより良いです

表示

MiniBookは、Topjoy Falcon(8インチミニノートブックのこと)と同様の8インチスクリーンパネル(AUOが製造)を使用しています。 ただし、MiniBookのコントラスト比ははるかに優れており、その明るさはiPad Air 2019と似ています。画面表示の奥行き、鮮明度、および色はすべて良好であり、この価格帯にしては印象的です。 テストしたMiniBookにはわずかな光漏れがありますが、真っ黒のコンテンツを表示するときにのみ気づきます。

カメラの位置が少しぎこちない
フレームは非常に厚くて丈夫です
ピクセル配列(283PPI)
縁では少し光漏れ
輝度
画面の色域は非常に広く、sRGBの90%に達しています。これはすでにトップグラスのウルトラブックのレベルです。
sRGB
AdobeRGB

X-Rite比色計を使用して、画面をさらにテストします。 工場出荷時の画面の輝度表示とカラー表示には一定の偏差があり、青の色温度は低いことがわかりました。 ただし、校正後の画面表示の精度は大幅に向上します。

調整前の輝度
調整前の飽和度
調整前の色検査
調整後の輝度
調整後の飽和度
調整後の色検査

画面の明るさは多くのウルトラブック画面よりも高いですが、それでもユーザーが直射日光の下で画面をはっきりと見るには十分ではありません。 デフォルトのPPIでは、画面上の文字が非常に小さくて、テキストのスケーリングを有効にする必要があります。 画面の視野角は良好で、大きな角度での色の歪みはわずかです。

室外での直射日光効果
屋外、日陰所の効果
視野角

CPUパフォーマンス

Celeron N4100は一般的なCPUではありません。通常、ローエンドのホームシアターコンピューター(HTPC)やLenovo IdeaPad 330などのネットブックで使用されます。 Celeron N4100 6Wの設計消費電力は、Atomプロセッサーよりわずかに高くなっていますが、iシリーズプロセッサーよりははるかに低くなっています。

マルチスレッドのパフォーマンスに関して、Celeron N4100は、Surface GoやLaoBook Plusに比べてそれぞれ35%、77%速いです。この速度はまだ非常に遅いですが、ネットブックのパフォーマンスがいくらか改善されています。 CineBenchマルチスレッドループテストでは、周波数の低下は発生しませんでした。

PCMarkのテスト結果は、Celeronプロセッサに対する期待に沿ったものです。 そのスコアは、Celeron N4100プロセッサを使用するデータベース内の他のデバイスよりも5〜20%高く、これはMiniBookの最適化が優れていることを意味します。 Atom x7-E3950プロセッサーを使用するLapBookは、あらゆる面では劣っています。 MiniBookの使用中に、ソフトウェアまたはハードウェアの問題は発生しませんでした。

ストレージ

MiniBookは、オンボード128G eMMC 5.1メインストレージを使用しています。M.2 2242 SATAインターフェイスを介して拡張できます。メインストレージの平均順次読み取りおよび書き込み速度は、わずか221MB /秒および125MB /秒であり、通常のSATA IIIソリッドステートドライブ(SSD)の速度よりもはるかに低速です。 ストレージを拡張できるデザインは、薄型軽量のネットブックを追求する上では非常に貴重です。

GPU

UHD Graphics 600のパフォーマンスはかなり限られています。 768pおよび1080pの解像度ではBioshockテストを実行することはできません。 3DMarkテストでは、パフォーマンスの悪いUHDグラフィックス620でも、UHDグラフィックス600よりの2倍ほど強いです。 それにもかかわらず、コンピュータで1080pまたは4Kビデオをスムーズに再生することには問題はありませんが、ビデオの再生はマルチタスク中に少しフリーズになります。

噪音

ノイズAtomプロセッサーやパッシブ冷却ソリューションを使用するほとんどのネットブックとは異なり、MiniBookはファンを使用して放熱し、その結果、パフォーマンスが向上しますが、必然的にノイズも発生します。 バックグラウンドノイズが28.2デシベルのテスト環境では、通常の使用では冷却システムのノイズは29.6デシベル-30デシベルです。つまり、完全に静かな部屋でない限り、ノイズを無視できます。 ストレステストでは、ファンのノイズは40.8デシベルに達しました。これは、一部のウルトラブックのノイズよりも大きくなりますが、ストレステストの使用シナリオはほとんどありません。 ファンの直径が小さいため、ファンの音のピッチもシャープになります。

テストされたMiniBookは、電子部品のわずかな異音を発します。

30mmの小さなファン

温度

コンピュータの温度が予想よりも高くなっています。これは、本体がコンパクトすぎるためかもしれません。 ストレステスト中、キーボードとボディの底面の温度は最大50°Cに達することがありますが、この状況は通常の使用ではほとんど発生しません。

ストレステスト(キーボード面)
ストレステスト(底面)

私たちは、ストレステスト全体を通じて、MiniBookがアンダークロックか不安定を検出したことがありません。 電源に接続されているかどうかは、コンピュータのパフォーマンスにも影響しません。

スピーカー

パソコンの内蔵スピーカーのボリュウームは大きいですが、低音効果はひどいものです。

消費電力

コンピュータがアイドル状態のときの電力は、明るさとシステム設定の影響を受け、3Wから7Wの間です。 最大輝度に調整すると、消費電力が2.5W増加します。 極端な負荷条件下では、消費電力は25.4Wに達する可能性があります。これは、極端な負荷の下では、24W電源の電力がわずかに不十分であることを意味します。

消費電力をテストする過程で、奇妙な現象が見つかりました。90秒ごとに、8ワット突然増加します。シャットダウン後も例外ではありません。この問題が発生する理由がわかりません。

コンピュータの電源がオフの場合でも、この突然の電力消費の変化は依然として存在します。

持久力

バッテリー容量は26Wh、明るさ30%(150nit)、WLAN有効の条件下での実際の使用時間は約6.5時間。 任意のUSB-C電源を使用して完全に充電するには、2時間半かかり、速くありません。

まとめ

私たちは以前にいくつかのChiwei製品をテストおよび評価しましたが、それらの設計は比較的シンプルで安価であり、低速プロセッサを使用しています。 プロセッサーは常にChiweiの欠点でした。その外観は最新のフラッグシップウルトラブックに匹敵しますが、パフォーマンスははるかに低くなります。 全体として、このMiniBookは丈夫な本体と優れた画面品質を備えており、Celeronのプロセッサもそれに適しています(13インチおよび15インチのChiweiノートブックは、より低速のAtomプロセッサを使用しています)。

MiniBookの非標準的なキーボードレイアウトは、学習コストが高くなり、マウスの動きが遅く、画面のヒンジの抵抗が不均一になります。 これらはすべて、使用体験に直接影響します。 MiniBookのハイライトには、優れた全体的なデザイン、優れたキーボードの感触、優れた画面品質、および予想よりも少し速いCeleron CPUの実行速度が含まれます。 8インチのネットブックとしては、MiniBookは優れたものです。

長所
•M.2 2242スロットがあり、拡張ストレージに使用できます。
•Celeronプロセッサの速度は予想よりもわずかに速い
•小型、軽量、コンパクト
•1200p IPS画面の明るさは良好
•ディスプレイが360度反転できる
•キーボードの感触が良い
•アルミ合金ボディは十分に強い
•Type-C充電器を使用する
•バッテリー持久力は許容範囲
•MicroSDスロットが付属

欠点
•極端な負荷条件下でノイズが小さくない
•OFNマウスは正確ではない
•ボタンのレイアウトに慣れる必要がある
•ヒンジの抵抗が均一でない
•USBポートが逆さまになっている
•カメラの位置がぎこちない
•標準のHDMIではなくmini-HDMIを使用する
•指紋センサーとRJ45ネットワークポートなし
•充電速度が遅い
•フレームが太い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です