ChromeブラウザのERR_CONNECTION_RESETエラーを修正します

ChromeであるWebサイトを見ている時にERR_CONNECTION_RESETが発生した場合は、ブラウザが開きたいWebサイトとの接続は不安定又は完全に接続できません。あるWebサイトは正常に開けますが、他のWebサイトではこのエラーが表示されます。 接続のリセットは、コンピューターが受信したデータを処理できないことを意味します。 この記事では、エラー101、ERR CONNECTION RESET、接続がリセットされたWindows 10/8/7でのGoogle Chromeエラーの修正方法について説明します。

エラーERR_CONNECTION_RESET Chrome

このエラーメッセージが表示されると、次のメッセージも表示されます。

This website is not available, The connection to example.com was interrupted, Error 101 (net:: ERR_CONNECTION_RESET): The Connection was reset

解決策についての提案を以下に示します。 変更のたびに必ずページをリロードして、自分に合う解決策を見つけてください。 いつものように、故障の検索を2つの部分に分けます。一方はPC、一方はChromeです。

PCのネットワーク故障を排除します。

ネットワークケーブルをチェックして、ルーターを再起動します。

偶にエラーを導く原因はケーブルがPCまたはルーターに正しく接続されていません。ケーブルの接続をきちんと確認してください。 WiFi経由で接続する場合は、必ずルーターを再起動してください。また、接続したWiFiのパスワードは忘れないように、いつでも削除して再接続します。

プロキシを無効にします

•キー(Windows+ R)を押して「inetcpl.cpl」と入力して、「インターネットのプロパティ」を開きます。
•次に、「接続」タブに移動し、「LANの設定」を選択します。
•「LANにプロキシサーバーを使用する」にチェックマークを消して「設定を自動的に検出する」にチェックマークをつけてください。
•[OK]をクリックして、PCを再起動します。

サードパーティのプロキシサービスを使用している場合は、必ず無効にしてください。

DNSをフラッシュして、TCP / IPをリセットします

偶にPCのDNSが古いIPを暗記しているため、Webサイトが開けないです。 ですから、必ずDNSをフラッシュし、TCP / IPをリセットしてください。

MTUを増やします。(最大転送単位)

インターネット速度を上げることも役立ちます。 ここでは、MTU(最大転送単位)、RWIN(TCPウィンドウ受信)パラメータを増やすことができることを意味します。

•「設定」> 「ネットワークとインターネット」> 「イーサネット」に移動します
•イーサネットなどのアクティブなワイヤレス/有線ネットワーク接続を注意してください。
•「管理者として実行」でコマンドプロンプトを開きます。
•「netsh interface IPv4 set subinterface “Ethernet 4” mtu=1472 store=persitent」をコマンドプロンプトに入力して、Enterキーを押します。

AppEx Networksアクセラレータ機能を無効にします

ご存知の通り、AppEx Networks Acceleratorはネットワーク接続速度を下げます。 多くの人が、ネットワーク速度が70%から80%低下すると報告しています。 無効にすることをお勧めします。

•「設定」> 「ネットワークとインターネット」> 「イーサネット」> 「アダプターオプションを変更する」に移動します。
•ネットワークを右クリックして、プロパティを選択します。
•AppEx Networks Acceleratorを探して、チェックを外します。
•保存して、エラーが解決されたかどうかを確認します。

WLANプロファイルの削除(WIFIネットワークに接続されている場合)

複数のネットワークに接続すると、すべてのネットワークがPCに保存されます。 次回ネットワークに接続すると、自動的に接続されます。 これらのネットワークの1つが不正になり又は正しく接続されていない、或はそのネットワークから切断されている可能性があります。 すべてのWi-Fiネットワーク構成ファイルを削除して、最初からやり直すことをお勧めします。

ネットワークアダプタードライバーを再インストールします

WLANプロファイルの削除が役立たない場合はネットワークドライバーが破損している可能性があります。 この時にはネットワークアダプターを再インストールし、ネットワークドライバーを再インストールする必要があります。

Windows Updateはドライバーをすぐにダウンロードして再インストールします。

WiFi Miniportを無効にします

キー(Windows+ X)を押して、「Windows PowerShell(管理者)」を選択します。

cmdに「netsh wlan stop hostednetwork netsh wlan set hostednetwork mode = disallow」を入力してEnterキーを押します。

コマンドプロンプトを終了し、キー(Windows+ R)を押して[ファイル名を指定して実行]を開き、「ncpa.cpl」を入力してください。

Enterキーを押して「ネットワーク接続」を開き、Microsoft Virtual Wifi Miniportを見つけて右クリックして「無効にする」を選択します。

Chromeの故障を排除します

著者がいくつかの意見を持ち出します。 これにより、ネットワークを制限するマルウェアや設定がある場合には適切に処理されます。

セーフモードでブラウザを開きます

WindowsセーフモードのようにChromeにもセーフモードがあり、ユーザー設定や拡張機能なしで実行できます。 手動で実行できます。ショートカットを利用してセーフモードでChromeを起動し、問題が解決するかどうかを確認できます。

Chromeクリーンアップツールを実行します

ChromeブラウザにあるChromeマルウェアスキャナーとクリーニングツールを実行します。 不要な広告、ポップアップウィンドウとマルウェア、異常なページの起動、ツールバー、およびメモリを使用してページのリロードをリクエストすることにより、Webサイトを破壊することで体験を台無しにすることを削除するのに役立ちます。

Chrome設定をリセットします

このオプションは、Windows 10のリセットに役立ちます。 Chromeをリセットすると、インストール中に新しい既定の設定が使用されます。 主に、すべての拡張機能、アドオン、テーマを無効にします。 それだけではなく、閲覧履歴データはリセットされます。 Cookie、キャッシュ、サイトのデータは削除されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です