Cerebrasは、ウェーハレベルのチップに7 nmプロセスを導入しました。現在、2.6兆個のトランジスタと850,000個のコアを備えています

Cerebras Systemsは昨年、この時期にウェーハレベルのディープラーニングチップCerebras WSE(Wafer Scale Engine)をリリースしました。サイズは215 x 215平方ミリメートルです。 ウェーハ全体のサイズをほぼ占めています。 チップ全体には1.2兆のトランジスターと400,000のコアがあり、チップサイズは46,225平方ミリメートルに達し、現在最大のGPUコアの56倍の大きさです。Cerebrasは新しい記録を更新し続けています。

今年のHot Chips大会で、Cerebrasは現在、チップ全体で2兆6000億のトランジスタと85万個のコアが実現でき、従来の2倍以上のスペックを持つことができると発表しました。 実現方法も実際には非常に簡単です。これは、昨年のチップがTSMCの16 nmプロセスを使用して製造されており、TSMCの最新の7 nmプロセステクノロジーに置き換えるだけで達成できます。 同社はすでに実験室で新しいチップを実行していると述べました。

もちろん、この第2世代の新しいウェーハレベルチップは、第1世代と同じチップ面積を持ちます。ウェーハサイズによって制限されているためです。 さらに、同社はチップの内部メモリ容量を増やし、チップ相互接続率を強化して、チップ内のデータ伝送の帯域幅を増やす予定です。 昨年の第1世代のチップのメモリ帯域幅は9PB / sで、このようなチップのTDPは15KWでした。

ウェーハレベルのチップはCerebrasのようにコンピューティングチップを作成するアプリケーションに加えて、ストレージにも研究されます。 Kioxia(旧Toshiba Storage)が行われている新しい研究は、従来のフラッシュメモリおよびSSD製造方法である切断、組み立て、およびパッケージングなどの操作をスキップし、ウェーハレベルSSDを直接生産することです。製造コストを大幅に削減しながら、 納期と、高性能の大容量データストレージソリューションを取得します。

ただし、Kioxiaは「ウェーハレベルソリッドステートドライブ」の概念を提案しましたが、それはまだ開発の初期段階にあり、実際の市場化と応用にはまだ時間がかかりますで。 現在注目されているウェーハレベルのチップはCerebras WSEであり、第2世代のCerebras WSEに関する詳細は、同社が最終製品を発表したときにのみ知ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です