ホーム > >

アンドロイドでメモリを使用する方法、メモリを解放する方法

携帯電話の購入には、RAMとROMの2つの非常に重要な概念があります。 RAMとROMはどういう意味ですか?携帯電話のRAMとROMの違いは何ですか?見てみましょう。

まず、携帯電話のRAMとROMの違い

携帯電話のRAMとROM 違いの1は概念です

RAM(random access memory)はランダムストレージメモリであり、電源を切ると記憶内容が失われるため、主に短時間使用するプログラムを格納するために使用されます。 ROM(Read-Only Memory)は、事前に格納されたデータのみを読み取ることができる半導体メモリである読み取り専用メモリです。

携帯電話のRAMとROM 違いの2、比較

携帯電話のRAMとROMは、それぞれコンピュータのメモリとハードディスクに対応しています。メモリは、プログラムの実行とデータ交換を担当します。これにより、コンピュータのソフトウェアを実行したりプロセスを実行できます。ハードディスクがストレージスペースです。さまざまな ビデオ、写真、音楽、ソフトウェアなどのさまざまなデータを保存できます。

携帯電話のRAMとROM 3違いの3、携帯電話のRAM

携帯電話のRAMとROMはコンピュータに似ていますが、RAMはランダムにメモリをアクセスでき、つまり実行メモリと呼ばれているため、携帯電話ソフトウェアの動作をサポートし、携帯電話ソフトウェアの実行後のデータ交換を保存します。 つまり、RAMは携帯電話が開くバックグラウンドプログラムの数を決定します。もちろん、RAMが大きいほど、携帯電話の実行速度は速くなります。 携帯電話の電源を切ると、RAMのデータは失われ、電源を入れても復元されません。

携帯電話のRAMとROM 違いの4、携帯電話のROM

ROMは読み取り専用メモリと呼ばれます。つまり、読み取りのみが可能で、書き込むことはできません。つまり、内部のデータの読み取りのみが可能ですが、内部のデータの変更と削除はできません。アンドロイドシステムがRootする前にはシステムファイルを変更できないのと同様です。 しかし、なぜそこに写真を保存できるのでしょうか?実際、ROMには、特にアンドロイドにおけるROMは「書き込み」(ファイルの削除と変更)の概念も含まれるようになりました。 したがって、ROMには携帯電話システムが占有するスペースののほかに、残りのスペースはビデオ、写真、音楽などを格納するために使用でき、自由に削除および変更できます。

携帯電話のRAMとROM5違いの5、携帯電話のRAMとROM

アンドロイドフォンでは、ROMにはアンドロイドシステム、アプリケーション、およびユーザーファイル(写真、ビデオなど)が含まれています。 ユーザーが保存するファイルはROMスペースのみを使用し、RAMスペースには影響しません。そして、ROMスペースのサイズはシステムの動作速度にほとんど影響を与えません。携帯電話の動作速度に影響を与える最も重要な要素はRAMです。

次に、RAMとROMの意味とは?

専門的に言えば、ROMとRAM両者とも半導体メモリを指します。 元の意味は次のとおりです。ROMはRead Only Memoryで読み取り専用メモリを意味します。つまり、このメモリは読み取りのみが可能で、書き込みはできません。 RAMはRandom Access Memoryの略語です。 この言葉の起源は、初期のコンピュータはドラムをメモリとして使用しており、ドラムと磁気テープはどちらも典型的な順次読み取り/書き込みデバイスであって、RAMはランダムに読み書きできます。

一般的に、たとえばコンピュータでは、皆ともにメモリとハードディスクが知っています。実際、メモリは一種のRAMテクノロジであり、ROMはハードディスクテクノロジに似ています。どちらもメモリですが、RAMの速度はROMよりもはるかに高速です。 コンピュータの日常の操作では、多くのプログラムが一時的に実行中のプログラムコマンドをメモリに保存しますが、電源をオフまたは電源が切られた時に、メモリに最初に保存されていたすべてのプログラム情報が消去されます。つまり、メモリは一時的にしか保存できません。 RAMはデータを長期間保管することはできず、ROMは保管することができます。電源をオフにした後でも、以前に保管されたファイルが消えなく、ハードディスクのようなものになります。

携帯電話では、RAMは携帯電話のメモリを指します。携帯電話のパフォーマンスについてはは、大体プロセッサとメモリによります。メモリが大きければ大きいほど携帯電話のパフォーマンスがよいです。現在、主流の携帯電話はすべて8Gメモリ(RAM)であり、よりハイエンドな携帯電話は16Gメモリーを搭載します。 携帯電話のROMとは携帯電話のストレージを指します。携帯電話のメモリSDカードは、ROMカテゴリに属し、携帯電話のシステムファイル、写真、音楽、などを保存するために使用されます。 ROMが大きければ大きいほど携帯電話に保存できる容量が大きくなります。現在、主流の携帯電話ストレージは128 GBで、容量が大きい方が256G、512Gになります。普通は容量が大きければ大きいほど携帯電話はより高価になります。同じモデルで異なるバージョンの多くの携帯電話はROM容量で分けられます。

現在、アンドロイド8GBが徐々に主流になり、12GBはハイエンドと言えるでしょう。 一方、昨年9月に発売されたiPhone 11シリーズは4GBのメモリで、前世代のiPhone Xsシリーズは3GBのメモリです。

メモリの容量の観点から見ると、iPhoneの内蔵メモリはアンドロイドフォンのレベルに足りませんが、実行速度とスムーズさはiPhoneに負けています。

アンドロイドとiPhoneの実行スピードの大きな違いはなぜですか、iPhoneの2倍または3倍の内蔵メモリで作られたアンドロイドデバイスはiPhoneの速度に追いつけないのは何故でしょうか?

さまざまなプッシュメカニズム

iOSシステムの実行メカニズムはサーバーのバックグラウンドプッシュに依存しており、多くのアプリは長時間使用されないと自動的に閉じられ、再度開かれると再ロードされます。これは、しばしば擬似バックグラウンドと呼ばれます。 これの利点は、実行メモリが少量で済み、すべての情報プッシュがAppleサーバーに依存することです。

また、初期のアンドロイド情報プッシュは、それぞれのAPP製造元のサーバーに依存する必要があるために問題が発生します。リアルタイムでAPPのプッシュ情報を受信するには、常にバックグラウンドで実行する必要があります。 仕事や生活で使用するアプリの数が増えるにつれて、アンドロイドフォンのバックグラウンドで実行されるアプリの数も増えています。 もちろん、多くの問題が段階的に解決されています。

はるかにリードするAシリーズプロセッサ

Apple自身のAシリーズプロセッサについては、iPhoneを使用していない人々でも、Appleのプロセッサがリリースされるたびに、アンドロイドプラットフォームのプロセッサよりもはるかに優れています。

今年のA13プロセッサと比較すると、既存のアンドロイド携帯電話プロセッサははるかに遅れています。Appleはこのパフォーマンスの優位を1年以上に保つことができます。つまり、現在のアンドロイドの最高のSnapdragon 855とキリン 990プロセッサであっても少なくともA13世代の一世代より遅れています。 また、アンドロイドは自身のプロセッサ不足を補う方法も非常に直接です。内蔵メモリストレージを増やすことです。

ユーザー体験を重視するiOSシステム

携帯電話の操作はスムーズかどうかは主にシステムの応答プロセスとハードウェアアクセラレーションによります。この2点で、iOSはアンドロイドよりもはるかに優れています。2つの違いを見ることができます。

システム応答プロセス

iOSシステムの応答プロセスの順序は、Touch(タッチ)-Media(メディア)-Service(サービス)-Core(コア)です。簡単に言えば、ユーザーが画面に触れると、iOSからの最初の応答は画面を処理することです。それからはメディア、サービス、コアです。アンドロイドシステムは異なります。アンドロイドシステムの応答順序は次のとおりです:Application(アプリケーション)-Famework(フレームワーク)-Library(関連画像を表示、つまり画面表示)-kernal(コア)です。Androidシステムが画面をタッチすると、最初起動アプリケーションは、そしてフレームワーク、画面表示、最後にコアです。

ハードウェアアクセラレーション

iOSシステムとアンドロイドシステムのハードウェアについても大きく異なります。グラフィックスやさまざまな特殊効果処理に対するiOSシステムの応答は、専用のGPUに基づいて処理し、スムーズなレンダリング制御を実現します。アンドロイドは異なります。一方で、アンドロイドスマートフォンは、さまざまなハードウェアのさまざまな構成に適応する必要があります。さらに重要なのは、アンドロイドがタッチサービス用に設計されていないことです。 したがって、グラフィックス,アニメーションの切り替えでは、全てGPUを通して加速することはできません。

アンドロイドシステムは、システム応答プロセスとハードウェアアクセラレーションにおいてiOSよりも劣っていると結論付けることもできます。アンドロイドは本質的にiOSほどスムーズではないと言えます。 携帯電話をできるだけスムーズで使いやすくするために、メーカーが採用している方法は、アンドロイドシステムを自社の携帯電話に適応するように最適化することと、メモリを拡張してハードウェアの速度を上げることです。

アンドロイドシステムメモリ(RAM)の使用状況を確認する方法

開発者モードでメモリ使用量を確認します

アンドロイドシステムの新しいバージョンでは、開発者モードでメモリ使用量を表示できます。デフォルトではアンドロイドシステムの開発者モードはオンになっておらず、使用する前に操作する必要があることに注意してください。 開発者モードでは、システムと各アプリが使用しているメモリの量など、メモリの使用状況を表示できます。

開発者モードをオンにするには、[設定]> [端末情報]> [ステータス]に移動し、シリアル番号(Cereal number))を7回続けてクリックする必要があります。アンドロイドスマートフォンのブランドによって操作は少し異なる場合があります。操作がわからない場合はカスタマーサービスのスタッフにお問い合わせください。

新しいバージョンのAndroidの開発者モードでメモリ使用量を確認するためのすべての手順は次のとおりです。

1、[設定]をクリックします

2、[端末情報]をクリックします

3、ステータスをクリックします

4、シリアル番号を7回以上クリックして、開発者モードを開きます

5、開発者モードに入り、メモリまたは実行中のプロセスを表示します。

6、メモリまたは実行中のプロセスに入って、メモリ使用量を表示します。

同時に、メモリ使用量の変化を追跡し、これら2つのオプションを定期的にチェックして、違いを比較できます。

メモリ監視ウィジェット(widget)を使用する

アンドロイドで利用できるメモリ管理ツールは多いですが、ここではそれらを使用するようにお勧めではありません。アンドロイドのカーネルコードを詳しく調べた場合、アプリを手動で閉じたり再起動したりしてメモリ領域を解放する代わりに、アンドロイドがメモリ自体を管理するほうがもっと良いです。

同時に、さまざまな管理システム自体が多くのシステムリソースを消費していますが、システムに付属するツールははるかに最適化されており、システムを遅くするために追加のアプリをインストールする必要はありません。 メモリ監視ウィジェットを使用すると、ソフトウェアがメモリを大量に消費している場所を確認できます。

1、ホームページの空白部分で、カスタマイズメニューが表示されるまで長押しします。

2、ウィジェットをクリックします。

3、スマートマネージャーを見つけて、それをホームページの空白スペースにドラッグします

4、ここで、リストからメモリを選択します

5、これで、ホームページでいつでも簡単にメモリ使用量を確認できます

アンドロイドのメモリをクリーンアップする方法

携帯電話のRAMをクリーンアップする方法は5つあります。

メモリ使用量を確認し、いくつかのアプリを閉じます

最初に、メモリの多くを占める領域を知る必要があります。アンドロイドシステム自体がこの情報を提供できます。 メモリ使用量を確認するには、アンドロイドの[設定]> [メモリ]に移動し、メモリ使用量を表示します。

さまざまなアプリのメモリ使用量を確認したい場合は、さまざまなアプリのメモリ使用量をクリックすると、すべてのアプリが使用しているメモリの量が表示されます。 右上隅にある3つのドットのボタンをクリックして、メモリ使用量によって順序を並べることもできます。これにより、すべてのプログラムが、使用されているメモリの量に従って配置されます。 大量のメモリを使用するアプリを閉じる必要がある場合は、アプリ名をクリックしてメニューに入り、強制終了を選択します。

一部のアプリの実行を禁止する

一部のアプリを閉じることはできますが、短時間経つとこれらのアプリはバックグラウンドで自動的に実行される場合がありますが、表示されないため、これらのアプリがバックグラウンドでメモリを占有していることはわかりません。 この時はこれらのアプリを無効にすることができます。 これらのアプリを無効にすると、実行を許可するように再度選択するまで、これらのアプリは実行されません。

. プログラムを無効にする場合は、[設定]> [アプリ]に移動し、無効にするアプリをクリックします。 アプリの詳細ページで、[強制終了]をクリックしてこのアプリを無効にします。

アニメーションと透明効果をオフにする

アニメーションと透明効果により、アンドロイドがきれいに見えますが、メモリとCPUリソースも大量に消費されます。 美しいインターフェイスをあまり気にしない場合は、これらの効果をオフにすることを選択できます。

[設定]> [開発者モード]に移動します(開発者モードが見つからない場合は、この機能がオンになっていないことが原因である可能性があります。開発者モードをオンにする方法は以前に紹介しました)。実行および透過効果に関連するオプションを見つけ、すべて閉じることを選択します。

動的デスクトップとあまりにも多くのデスクトップウィジェットを使用しないでください

一部の動的デスクトップでは、デスクトップが美しく見えます。たとえば、モバイルデスクトップの壁紙は静的ではなく、さまざまな美しいアニメーションです。 時計、計算機、音楽プレーヤーなど、美しいだけでなく使い勝手も良いデスクトップウィジェットです。 ただし、これらはメモリを消費する必要があります。携帯電話のメモリが不足している場合は、これらの機能をオフにすることを検討してください。

サードパーティのメモリを高速化するアプリを使用する

これらのアプリは問題を引き起こす可能性があるため、このアプリの使用はあまりお勧めしません。 しかし、メモリをより便利に管理したい場合は、CCleanerやDU Spped Boosterなどのアプリを使用してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です