価格は$ 74,500!Boston Dynamics Robot Dog(Bostunダイナミクス)が正式に発売されました

有名なアメリカのエンジニアリングおよびロボット設計会社であるボストンダイナミクス(Boston Dynamics)には、スポット(Spot)と呼ばれる人気ロボットが多芸多才であるために頻繁に議論されていると聞きました。

たとえば、普通の道を歩かない。

一緒に踊ります。

シンガポールの公園の警備員として動いてから、ニュージーランドの草原で散歩したり、羊を放したりしています。

ドアを開けるのを手伝います。

もちろん、いたずらするときはハスキーには負けません。

でも、倒れたところから立ち直ります。

新型コロナ期間は、体温を測ります。

パトロール検査、すべてが上手です。

真面目の時は真面目に、いたずらの時はいたずらです。

スポットはこのような “犬”であることがわかりました。ほしい!

この犬は高いですか?

ボストンダイナミクスの公式回答は:高くなければ安くもありません。$ 74,500です。 6月16日から正式にアメリカ企業に販売し、納期は6〜8週間以内です。

待って、74,500ドル? ! “犬”はそんなに高いですか? そして米国で販売しかできません?

ボストンダイナミクスは、貴方が買うのはロボット犬ではなくSpot Explorer開発キットを購入すると公式Webサイトで明確に説明しました。

調べたら、Spotロボットは犬本体、2つのバッテリー、電池充電器、タブレットpcのコントローラ、ロボット犬のケース、電源ボックス、Spot APIのPythonクライアントパッケージが含まれています。

スポットロボット犬を知っている人は、このような広告スローガンを聞いたことがあるかもしれません。「他のロボットが行けない場所に行って、他のロボットにはできないタスクは、私にはできます)。」

このように話そうとするなら、当然十分強い能力が付いてあるはずです。 追加のコンポーネントとbuffのおかげで、Spotはさまざまなシナリオに適用でき、効率を高め、安全リスクを下げることができます。
在波士頓動力官網上,附加組件的價格也都一一展示了出來:

Boston Dynamicsの公式ウェブサイトでは、追加コンポーネントの価格も1つずつ表示されています。

•バッテリー:4620米ドル
•充電器:1,650米ドル
•安定化電源とイーサネットポートGXP:1275米ドル
•カラーパノラマビューと通信機能を備えたカメラレンズ: 21,800米ドル
•パンチルトズームPTZカメラレンズ: 29,750米ドル
•レーザーレーダー:18,450米ドル
•カメラレンズ付きレーザーレーダー:34,570米ドル
•ロボットドッグコンピューティング専用のEdge CPU:3,925ドル
•ロボットドッグ高度処理のためのEdge GPU:24,500米ドル

同時に、ボストンダイナミクスはSpotペイロードを販売して、ユーザーがソフトウェアを更新できるようにします。

ボストンダイナミクスによると、スポットロボット犬の購入は制限されており、顧客はロボット犬を2匹しか購入できないと述べました。

もちろん、スポットロボット犬の需要が高いVIP顧客には、営業部門に連絡して、大規模な調達やサードパーティのソリューションをカスタマイズすることができます。現在公式ウェブサイトの情報から、ボストンダイナミクスは2つのカスタマイズされたソリューションがあります。すなわち教育バージョン(認定教育機関からの購入は割引対象)と企業バージョン(より多くのセンサー、ソフトウェア統合、通信基礎設備、および ロボットチーム管理)。

買う余裕がなく、借りられますか?

私とスポットロボット犬の違距離は74,500米ドルだけ!だと言う人がいるかもしれません。

これを念頭に置いて、ボストンダイナミクスは販売すると同時に、特定の顧客にスポットロボット犬のレンタルサービスを提供し続けると述べました。

ロボット犬のレンタルサービスはボストンダイナミクスによって開始された「早期導入プログラム」(Early Adopter Program)によるものです。 計画によると、これまでに150匹以上のSpotロボット犬が短期レンタルにのみ使用され、国際的な企業や研究機関で使用されています。

新旧の顧客が価格に驚かされるのを防ぐために、ボストンダイナミクスはSpotの優れたケースのいくつかを特別に賞賛しました。

•ケベック州の建設会社であるPomerleauの500,000平方フィートの建設プロジェクトでは、毎週5,000枚近くの画像が自動的に撮影し、約20時間の手作業が完了しました。
•有名なアメリカの建設会社であるHensel Phelpsによるデンバー国際空港のメインターミナルビルディングのデータ収集の効率と安全性を改善し、レーザースキャンと360度画像を自動的にキャプチャして、プロジェクトの再訪問や遅延のリスクを軽減しました。
•コンピュータービジョンベースに基づく異常検出ソフトウェアを使用すると、ノルウェーの石油探査および開発会社Aker BPはエネルギー生産施設のタスクリスクが軽減されます。
•NASA Jet Propulsion Labの統合された自律性、知覚および通信ツールCoSTARと協力して、地下の地形をナビゲートします。DARPA Underground Challenge:Urban Circuitでも優勝しました。
さらに、Spotは建設の進捗状況の記録、遠隔地や危険な環境の監視、発電設備、放棄された原子力施設、建設現場、研究所などの環境の状況認識にも使用されます。

実際、ボストンダイナミクスはロボット犬を警察部門に販売することを検討したことがあります。 スポークスパーソンは外国のメディアVentureBeatとのインタビューで、「Spotが疑わしい荷物のチェックや危険物事故への対応など、警察など公務員の個人の安全に危険を及ぼす可能性があるタスクに使用される場合、スポットはもちろん 購入は可能ですが、警察に取って代わったり、警察がすべきことを実行したりすることはできません。私たちは、いかなる人の怪我や脅迫のためにロボット犬を使用することを絶対に許可していません。」

Boston Dynamicsの商業化における画期的な出来事

Spotロボット犬の発売は、Boston Dynamicsにとって画期的な出来事です。 企業はようやくBoston Dynamicのロボットを直接購入できるようになりました。またBoston Dynamicsがロボットのオンライン販売を提供するのもこれが初めてです。

1992年にMITから博士号を取得し、カーネギーメロン大学でCMU Leg Labを設立したMarc RaibertはBoston Dynamicsを設立しました。

ロボット関連の技術に精通しているMarc RaibertはSpot、Pick、Handle、Atlasロボットを通じて、さまざまな国の米軍、政府、企業にソリューションを提供してきました。Boston Dynamicsは徐々に私たちの視野に入ってきました。

しかし、2019年7月までBoston Dynamicsは市場性のあるロボットを開発できていないと非難されました。 翌9月、ついにSpot Robot Dogが商品化(上記のレンタルサービス)に乗り出した。

新型コロナの流行はBoston Dynamicsのロボット生産の進行に影響を与えましたが、Bostonの考え方を本当に広げたのは新型コロナの流行でもあります。

2020年4月以降、Boston Dynamicsはより多くの商業的可能性を模索する機会をつかみ始めました。たとえば、Spotは患者をリモートで分類するのを助け、オープンソースの医療ロボットツールキットを提供し、SpotにiPadと双方向収録音機械、ビデオ会議用の双方向収録音機などを装備します。

現在の状況によれば、Spotは主に商業および工業目的で米国でのみ販売されていますが、Boston Dynamicsは当然、2020年にその国際市場も拡大することを期待しています。Boston Dynamicsの関係者は、「今年は海外での販売の機会を模索しています。来年は約1,000Spotを生産する予定ですが、具体的な数は需要に応じて増加します。」

同時に、スポットロボット犬は、ボストンダイナミクスの商品化のパイオニアでもあります。 Marc Raibertが言ったように、Spotは今日、Handleは明日、Atlasは未来です。

Boston Dynamicsとその製品のフォローアップパフォーマンスを楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です