24 October, 2020

Apple iOS 14が正式にリリースされました! これらの30の便利な機能は、アップグレードする価値があるかどうかを教えてくれます

「iPhoneエクスペリエンスの再構築」は、今年のiOS 14の新しいシステムに対するAppleのスローガンです。

WWDCが最初の開発者プレビューバージョンをリリースして以来、夏の間は常に更新の通知を受け取ります。待ちに待って、3か月後に正式なiOS 14がついに登場しました。

UIデザインからシステム機能、アプリケーションまで、iOS 14にはiOS 13とは大きく異なる変更が加えられています。このために、iOS 14の30の便利な新機能をまとめました。

ホーム画面ウィジェット:ホーム画面をより個性化

iphoneをより個性化する方法は、 通常の操作は壁紙の変更とアプリアイコンの並び替えですが、iOS 14に更新してウィジェットを作成することもできます。

ウィジェットはデスクトップの任意の場所に配置できるため、情報を一目瞭然で確認でき、通勤、ヘルスケア、カレンダー、ニュース情報の追跡に適しています。

追加する方法は非常に簡単です。メイン画面を押し続け、左上隅の[+]をクリックして、さまざまな種類のウィジェットが選択できます。現在、それらのほとんどは、写真、天気、時計、メモ、リマインダー、スクリーンタイムなどのシステムアプリケーションになります。

古いAndroidのウィジェットと比較して、Appleは明らかにiOSウィジェットのサイズを制限しています。 2×2(小)、2×4(中)、4×4(大)の3種類のサイズがあり、大きいほど情報が豊富になります。 ウィジェットの追加により、押し出されているアプリアイコンは自動的に次の画面に移動されます。

デスクトップにウィジェットが多すぎるが頻繁に使用されていないと思われる場合は、ウィジェットを別のウィジェットの上にドラッグしてスタックを作成し、上下に反転して表示して、ホーム画面のスペースを最大限に活用してみてください。

スマートローテーションは、時間、場所、アクティビティなどの要素に基づいて判断され、対応するインターフェイスが適切な時間に表示されます。

さらに、ウィジェットをホーム画面に配置するほかに、ホーム画面をスライドすると、ウィジェットだけが載っているページが表示されます。そこに、ウィジェットを追加してに配置することもできます。

ホーム画面を左にスライドして表示される画面という新しいウィジェットと元のウィジェット(通知センターウィジェット)の違いを比較したくなるのは避けられません。 実際、「実用的な」通知センターのウィジェットと比較すると、ホーム画面を左にスライドして表示される画面は情報表示ウィンドウまたはアプリランチャーに似ており、著者はウィジェットに存在すると思われる3つの欠点を指摘しました。

1、相互作用機能が弱いです。 ウィジェットをクリックすると、アプリに直接ジャンプするため、電卓などのウィジェットが操作できません。2、データが積極的に更新できません。 ウィジェットは「静的な」情報を表示する傾向があります。3、柔軟性が足りません。 サイズスタイルが固定されているため、ウィジェットよりも柔軟性が低くなります。 それでも、ウィジェットの利点は明白です。ホーム画面でより重要で目を引く位置を占めるだけでなく、ホーム画面を左にスライドして表示される画面での配置の優先順位も上です。

前述したように、現在のウィジェットはほとんどシステムアプリケーションだけを提供し、サードパーティアプリの活用を期待しています。

APPライブラリ:システムがアプリを自動的に整理します

メイン画面を最後のページまでスワイプすると、iOS 14で導入されたまったく新しいスペース「APPライブラリ」が表示されます。これはフォルダーの形で表示され、すべてのアプリケーションを自動的に分類および整理され、シンプルで美しいです。

「Line」はSNSに分類され、「Amazon」はショッピングと食べ物に分類されます。「auPay」が効率性とファイナンスに分類されていないように少数のアプリのみが該当するカテゴリに分類されていませんが、ほとんどのカテゴリの分類は理解の範囲内にあり、すばやく見つけて簡単にアクセスできます。

アプリ自身の特性に従って分類することに加えて、「Appライブラリ」の最初の行にある2つのフォルダーはリアルタイムで更新されます。

「提案」フォルダには、時間、場所、アクティビティなどに基づいてあなたが開きたいアプリ予想して表示されます。「最近追加した項目」フォルダには、最近ダウンロードしたアプリまたは最近使用したアプリクリップ(アップルアプレット、 後述します)。 「App ライブラリ」の上部にある検索機能はアプリ名の検索をサポートするだけでなく、すべてのアプリもアルファベット順に表示されるため、すばやく見つけることができます。

「APPライブラリ」とウィジェットを活用すれば、ホーム画面を大きく変えることができます。 ご覧のとおり、次の3つのきれいに見えるホーム画面のスクリーンショットには2つの共通点があります。表示されるアプリの数が少ないことと、ページ数が少ないことです。

「APPライブラリ」の新機能の追加により、アプリを長押しして削除すると、元のメニューテキストが「ホーム画面から削除」から「アプリライブラリへ移動」および「アプリを削除」に変更されました。 つまり、使用頻度が低い、または使用体験に影響を与えるアプリアイコンを、メイン画面に表示する代わりに、APPライブラリに配置できます。

アプリが多すぎて、1つずつ移動するのが面倒と思っている場合、ホーム画面を長押しして、画面の下部にある小さな白い点をクリックしてページを直接非表示にすると、ホーム画面を簡略化することもできます。

また、新たにアプリをダウンロードした後、直接APPライブラリに追加することもできます。

コンパクトなユーザーインターフェイス:電話の受信やSiriを呼び出しする際全画面表示ではなくなりました

ゲームのプレイ中に敵を撃っていたときに、コールインターフェースが突然ポップアップされた経験が、ゲームをする人でいれば誰でも経験したことがあります。この問題はiOS 14以降は解決されます。

システムが更新された後は、着信コールと着信FaceTimeコールが画面全体に表示されるのではなく、代わりにトップバナーが使用されるので、作業を中断されることがなくなります。

さらに良いのは、電話を出たくなく、そして電話を切りたくもない場合は、バナーを上にスライドするだけで無視できます。相手はまだダイヤルかけている状態になります。電話を出たい場合は、緑色の答えボタンをクリックするか、 バナーを下にスワイプして、通常のゴールインターフェースが表示されます。

Siri呼び出しページも更新されています。 「Hey Siri」と言うか、ロック画面のボタンを押し続けると、全画面の質問ウィンドウが表示されなくなり、代わりに下部に円形のアニメーションが表示され、Siriの返信も円形のアニメーションの上にダイアログボックスで表示されます。

Siriについてのオーディオ情報もiOS 14で強化されています。メッセージをより表現力豊かにしたい場合は、Siriを使用して簡単にオーディオ情報が送信できます。たとえば、iPhoneに次のように伝えます。「Hey Siri、お母さんに「愛しています」という音声メッセージを送信します。」「愛しています」がiMessageを介して音声形式で母に送信されます。

ピクチャーインピクチャー:チャットしながらドラマを視聴

待望の「Picture-in-Picture」機能がiOS 14で正式にリリースされました。動画の視聴しながらWeChatでのチャットしたり、動画を見ながらメモを取ったり、動画を見ながらゲームをしたりすることが簡単に実現できます。

これは、ビデオコンテンツを表示する方法です。これは、大画面で小さな領域を占めでビデオを再生し、以前はiPadにのみあった機能です。

使い方はとても簡単です。例えば、YouTubeで動画を再生しました。再生画面の上部にある「Picture in Picture」ボタンを押すだけでYouTubeで「Picture in Picture」再生を開くことができます。

「Picture in Picture」を開いた後、オーディオを中断することなく、小さなビデオウィンドウを任意の位置にドラッグしたり、サイドバーで直接非表示にしたりできます。

iPhoneの背面をタップします。ダブルタップしてスクリーンショットができます

いくつかの主要な機能について説明した後、iOS 14で導入された「背面タップ」という小さな機能について説明しましょう。設定により、スマートフォンの背面にを2回または3回タップして、カスタムショートカットコマンドできます。

たとえば、[設定]> [アクセシビリティ]> [タッチ]> [背面タップ]>[ダブルタップ]>をクリックし、[スクリーンショット]に変更します。これにより、携帯の背面をダブルタッチすると「ロック画面キー+音量キー」の代わりにスクリーンショットできます。

スクリーンショットのほか、ホーム、コントロールセンター、画面をロックなどさまざまなオプションがあり、電話ケースを装着した状態でもクリック操作が認識できます。

デフォルトのブラウザが変更でき、Google ChromeとMicrosoft Edgeが使えるようになりました

メッセージでリンクを受け取ってクリックすると、ほとんどのAndroidスマートフォンにブラウザーを選択し対応するコンテンツを開くようにポップアップオプションが表示されます。同じ状況では、iPhoneはSafariしか使用できません。以前では、Appleはユーザーがサードパーティのサービスを使用してSafariブラウザを置き換えることを許可していませんでした。リードするChromeでも、iOSデバイスにプリインストールされているアプリと競合することはできません。

幸いにも、iOS 14にアップグレードした後、Appleは妥協をしました。現在、Google ChromeとMicrosoft Edgeはデフォルトのブラウザーに置き換えられることがわかっています。「設定」で対応するブラウザーを見つけると、「デフォルトのブラウザーAPP」オプションがあります。それをクリックすると、次の画面で、ブラウザを選択することができます。もちろんその前に、変更したいブラウザのアプリをあらかじめにダウンロードする必要があります。

また、Firefoxが最新バージョンのiOS 14でデフォルトブラウザーとしてFirefox 29やその以降のバージョンが設定できるという情報がありますが、 ユーザーがApp StoreからダウンロードできるFirefoxの最新バージョンは28.1のみです。

もちろん、Appleは依然としてiOSプラットフォームでのサードパーティブラウザーカーネルの使用を制限していますが、現在、iOSで最もパフォーマンスの高いブラウザーはやはりSafariです。

デフォルトのブラウザを変更する問題は解決されましたが、WWDCでは、言及したしたデフォルトのメールサービスの置き換えに関するニュースはいまだにありません。

メモの形状認識:素手で完璧な円を描きます

素手で完璧な円を描きます。コンパスや練習をせずに素手で完璧な円を描くことが、IPHONEの「メモ」で達成できます。 iOS 14では、メモに形状認識機能が追加され、新しいツールにより、線、円、四角、ハート、矢印などのグラフィックを指で描くことができます。

手書きで最後の一筆に完成したときに手を離さないでください。システムが自動的に修正して完璧なグラフィックが表示されます。

ボイスメモ「録音の最適化」:録音中のバックグラウンドノイズを自動的に低減します

インタビューお仕事が頻繁に行われるため、編集者の間ではiOSの「ボイスメモ」が非常に人気があります。

更新された「ボイスメモ」には2つのハイライトがあります。1つは、カスタムフォルダを作成して、録音を個人のメモ、会議、講義、音楽のひらめきなどのさまざまなカテゴリに簡単に整理できることです。もう1つは、バックグラウンドノイズを効果的に減らし、自動的に録音効果を最適化します。

「録音の最適化」機能は非常に優れている機能ですが、操作が少し手間がかかります。

録音中には、画面の下の部分にある録音バーを上にスライドして拡大し、左上隅の魔法の杖アイコンをクリックすると機能します。完了した録音データについては、録音データをクリックして、左にスライドし、[…」>「記録を編集]を選択して、次の画面で左上隅の魔法の杖アイコンをクリックすればよいです。

「録音の最適化」機能は非常に優れている機能ですが、操作が少し手間がかかります。

録音中には、画面の下の部分にある録音バーを上にスライドして拡大し、左上隅の魔法の杖アイコンをクリックすると機能します。完了した録音データについては、録音データをクリックして、左にスライドし、[…」>「記録を編集]を選択して、次の画面で左上隅の魔法の杖アイコンをクリックすればよいです。

リマインダーは割り当てをサポートします:より明確な分業を実現します

iPhoneのスケジュール管理ツール「リマインダー」がより使いやすくなっています。

iOS 14では、共有リストのメンバーにリマインダーを割り当てることができ、対応するメンバーは対応する通知を受け取ります。タスクをすばやく分割し、タスクの担当者を知るのに便利です。

「翻訳」アプリ:11ヵ国言語での相互翻訳

AppleはiOS 14用に「翻訳」アプリを追加しました。その機能は基本的にGoogle Translateに似ていますが、インターフェースのデザインはよりエレガントになります。 テキストを翻訳したり、組み込みの辞書を使用して単語を検索したりすることは問題ありません。また、垂直および水平表示、翻訳の保存、最近の履歴の確認もサポートしています。

マイクボタンをタップするだけで話し始めると、自動言語認識機能により、音声がテキストに変換され、元のテキストと翻訳されたテキストが画面の両側に表示されます。翻訳された音声が再生されます。「翻訳」アプリは、英語、中国語(標準語)、日本語、韓国語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロシア語、ポルトガル語(ブラジル)、アラビア語などの11言語間の翻訳に適しています。

写真やビデオに説明を追加することができます:検索に便利

学生時代の集合写真を見ると、写真の裏に記録されている名前から過去を思い出すことがよくあります。

iOS 14で写真に説明を追加すると、記憶をしっかしさせるのだけでなく、[検索]タブでクイック検索が実行できます。 iCloudを有効にすると、メモした説明もすべてのデバイスで同期できます。

前面カメラは左右回転された写真を撮ることができ、美しくなります

iPhoneの自撮り写真がいつも鏡で見た自分より「醜い」ように見えるのはなぜですか。 心理的要因をとりあえず置いといて、これは子供時代からの私たち自身の認識が鏡を通してであり、鏡なしで自撮りに慣れるのが難しいためです。

iOS 14をアップデートした後、「設定」>「カメラ」>「前面カメラを左右回転」を選択すると、ミラーリングされた自撮り写真を撮ることができるます。

「インジケータ」機能:より全面的にプライバシー保護、盗撮を効果的に防止します

iOS 14に「インジケータ」機能が追加されました。アプリケーションでカメラまたはマイクが有効になっている場合、画面の右上隅に緑色のドットが表示されます。これはユーザーに現在カメラを使用しているアプリケーションがありますと通知するためのものです。

こういう時にコントロールセンターをドロップダウンすると、現在カメラまたはマイクを使用しているアプリが表示されます。 このプロンプトは非常に直感的で、不正なアプリケーションにさらされのであればすぐに気づくでしょう。

新しい入力方法やキーボートの再設計:超安定で使いやすい

再設計された日本語のかなキーボード

日本語のかなキーボードで数字と記号の入力キーが再設計され、連続した数字をさらに簡単に入力できます。

絵文字キーボードに新しい検索バーが追加されました:絵文字も検索できます

「ハート」や「笑い」など、よく使われる単語やフレーズを入力すると、それに関連する絵文字が候補欄に表示されます。

絵文字のアップグレード:11の新しいヘアスタイル、19の新しい帽子、3つの新しいステッカー

新しいMemojiアバターは、マスク、11の新しいヘアスタイル、19の新しい帽子、3つの新しいMemojiステッカー絵文字など、カスタマイズ可能要素を追加し、友達にハグやグータッチ、赤面した顔が送信できます。

メッセージグループアバター:iMessageでグループアバターが設定できます

メッセージアプリでグループチャットに写真、絵文字、ミー文字、を使用して、すべてのグループメンバーと共有するグループアバターが設定できます。

メッセージグループで名前の言及:iMessageグループチャットではだれでも@することができます

iOS 14を使用すると、重要なグループメッセージをより簡単にフォローアップできます。グループチャットで、誰かの名前を入力するか、@記号を使用してその人に直接メッセージを送信できます。自分が言及された時だけ通知が届くように、進行中のグループチャットをカスタマイズすることもできます。

ピンでチャットを固定し、新しいメッセージを素早く確認

よく使うチャットをチャットリストの一番上にピンで固定して、いつでも簡単にアクセスできます。最近のメッセージ、Tapback、入力インジケータがピンの上にアニメーションで表示されます。グループチャットをピンで固定すると、最近メッセージを送信した参加者が3人、ピンの周りに輪になって現れます。
チャットを9件までピンで固定できます。これは、iOS、iPadOS、macOSのメッセージで同期されます。

インラインの返信:長押しで特定のメッセージに返信します

長押しで関連するメッセージだけを表示させると、グループチャットの中の特定のメッセージに直接返信できます。

コントロールセンターの新しい「ライブリスニング」:ヘッドセットの音量をリアルタイムでチェックします

iOS 13の早い段階で、「ヘルスケア」アプリに「聴覚」(ヘッドフォン)に関する情報が表示されています。今回、AppleはiOS 14 / iPadOS 14でこの機能を強化しました。ユーザーはコントロールセンターでヘッドセットオーディオの音量をリアルタイムでチェックし、画面にデシベル(dB)単位で直感的に表示できます。

イヤホンの音が80dBを超えると、測定アイコンが緑から黄色に変わります。 Appleは、80dB未満の音量環境では「通常の」カテゴリであり、このレベルを超える音に長時間さらされると、永続的な聴覚障害を引き起こす可能性があると述べています。

このチェック機能はほとんどのヘッドフォンに適用できると報告されており、AppleはAirPodsシリーズのヘッドフォンまたはその他の認定されたヘッドフォンを使用すると、測定結果がより正確になると述べています。 [設定]> [コントロールセンター]> [聴覚]にあります。

「健康」は睡眠状態を記録する:Apple Watchと合わせてよりよく機能します

あなたが就寝するとき、あなたはどのように携帯電話の誘惑を拒否し、ある時点で就寝し、時間通りに眠りに落ちますか? 明日の朝起きて、どのような睡眠データを見たいですか?

iOS 14では、iPhoneの「健康」アプリを使用すると、睡眠時間の目標を設定し、一定期間の進捗状況を追跡し、iPhoneの夜間の使用状況と就寝時間を記録できます。 Apple Watchをお持ちの場合は、入眠の時間、目を覚ますまでの時間、1泊あたりの睡眠量が追跡できます。

「App Clips」:「ミニプログラム」のアップルバージョン

「App Clips」はテイクアウトの注文、タクシーの利用、クーポンの受け取りなど、「アプリをダウンロードせずにアプリを利用できる機能」です。

現在知られているApp Clipsのオープン方法:Appleの組み込みカメラを使用してApp Clipsコードをスキャンしたり、iPhoneを使用して特定のNFCタグをタッチし、Safariの特定のWebサイトにアクセスしたりすることがあります。

Appleの「マップ」がより使いやすい:サイクリングルートガイダンスを追加し、カメラの位置を表示します

iOS 12システム以降、Appleは米国に独自の新しいバージョンの地図をリリースしました。iOS 14ではさらにデータを更新して、特定のアトラクションやレストランの紹介だけでなく、より多くの地域や都市をカバーする地図データも追加しました。さらに、Apple Mapsは、ユーザーと環境にとってより有益な出かけモードも導入しました。 たとえば、自転車に乗っているときは、サイクリングモードに切り替えることができます。このとき、マップは適する自転車、サイクリングトレイル、サイクリングロードを案内し、急な坂道、階段、坂道の傾斜度の変動を把握するのに役立ちます。 この機能をサポートする最初の都市には、東京、ニューヨーク市、ロサンゼルス、サンフランシスコのベイエリアなどがあります。 今後数か月でさらに多くの都市が追加されます。

ダークレインボーの壁紙を追加

以前は、iOSシステムに付属するレインボー壁紙はライトモードのみをサポートしていましたが、iOS 14では、アップルがこれらのレインボー壁紙にダークモードのサポートを追加しました。 システムがライト/ダークモードを切り替えると、それに応じて壁紙の背景も変化します。

AirPods Proは「空間オーディオ」をサポートしています

「空間オーディオ」とは何ですか? 空間オーディオは、指向性オーディオフィルタを適用し、それぞれの耳に届く周波数を微調整することで、空間のどこにでも音を配置し、臨場感あふれるサラウンドサウンド体験を生み出します。 簡単に言うと、ビデオを視聴しているときに、頭をどの方向に向けても、または電話から離れていても、音が電話の方向から来ていると感じ、臨場感を与えます。 これは最も便利なステレオソリューションと言えます。

AirPodsは「デバイスの自動切り替え」をサポートしています

名前が示すように、デバイスの自動切り替えをサポートするAirPodsは、同じiCloudアカウントにペアリングされたiPhone / iPadとMacの間を「自動的に切り替える」ことができるため、Appleデバイスをより便利に使用できます。

たとえば、AirPodsが元々iPhoneに接続されていて、iPadまたはMacを使用してビデオを開くと、AirPodsは自動的にiPhoneからiPadまたはMacに切り替わり、WeChatの音声または通話が着信すると、 AirPodsは自動的にiPhoneに戻ります。

アプリのトラッキング管理と透明

iOS 14では、アプリの追跡制御メカニズムに大きな変更が加えられています。 1つ目は、デベロッパには、ユーザーをトラッキングする前に本人の許可を得ることが義務付けられます。同時に、他社のアプリやウェブサイトでの追跡を許可されているアプリを確認することもできます。

「ホーム」アプリは、オートメーションの提案、適応型照明、顔認識などの機能を追加しています

iOS 14では、「ホーム」アプリにいくつかの新機能が追加されています。新しいアクセサリを追加すると、それを自動で実行する便利な方法をホームアプリが提案します。

さらに、照明器具が電球の色温度を光と時間に応じて自動的に調整できるように、ホームは「適応型照明」機能も導入し、快適さと作業の効率を最大限に高められます。

防犯カメラが人、動物、車を検出するだけでなく、あなたが写真アプリでタグ付けした人物を識別するので、活動の通知がさらに詳しいものになります。人のタグ付けは簡単で、その人が映った時に通知が届くように設定できます。

iPhoneは車のキーとして使用できます

iOS 13.4にも、すでにAppleはCarKey APIを追加しました。これにより、ユーザーはiPhoneまたはApple Watchを車のキーとして使用できます。この機能はiOS 14で正式にリリースされており、ドアハンドルをタップするだけで、NFCを使って車のロックを解除できます。内蔵のU1チップを備えたデバイスと交換すると、デバイスがポケットから取り出されなくてもドアを開きます。さらに車内のリーダーかワイヤレス充電器にあなたのiPhoneを置くだけで、車のエンジンをかけられます。車のキーをWalletアプリに追加すると、物理的なキーにはない機能を使えるようになり、メッセージアプリを使って友だちや家族とキーを簡単に共有できます。

現在、この機能をサポートする最初の車モデルは2021 BMW 5シリーズです。

要するに、iOS 14はiPhoneの使用体験を大きく変える発表であり、多くの新しいシステム機能をもたらしただけでなく、元にあるアプリケーションも大幅に改善されています。

ホーム画面に登場するコンポーネントでも、新しい整理方法「App ライブラリ」でも、Appleは既存のiPhoneの画面スペースの利用を再考量した上での変更です。メッセージアプリは、家族や友人との連絡を強化し、 地図アプリはルートの計画を容易にし、プライバシー保護は安心です。

最後に、念のために、アップグレードする前にバックアップすることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です