20 October, 2020

コンピューターの運行スピードが遅くなりました。原因はマルウェア対策サービス実行可能ファイル(antimalware service executable)かもしれません

コンピューターの運行スピードが遅くなり、CPUとメモリの使用率が大幅に増加し、ディスクリソースを使用できなくなりました。調べると、原因がマルウェア対策サービス実行可能ファイル(antimalware service executable)であることが判明した場合はどうすればいいですか?

マルウェア対策サービス実行可能ファイル(antimalware service executable)とは何ですか?

マルウェア対策サービス実行可能ファイル(antimalware service executable)は、Windows10に組み込まれているWindows Defenderファイアウォールのバックグラウンドプロセスです。このプログラムもMsMpEng.exeと呼ばれ、Windows OSの一部であり、常にバックグラウンドで実行されます。 ユーザーがファイルにアクセスする時に、Windows Defenderは、ウイルスソフトウェアが含まれているかどうかをスキャンし、ウイルス定義ファイルをインストールします。これより、ディスクリソース、メモリ(RAM)、およびCPUを使用する必要があります。 Windows10に含まれているWindows DefenderファイアウォールからWindows Defenderを設定し、スキャンの実行及びそのスキャン履歴を確認できます。

これはウイルスですか?

今まで、マルウェア対策サービス実行可能ファイルを装う証拠や報告はありません。WindowsDefenderはアンチウイルスソフトウェアです。 定期的なバックグラウンドスキャンは、どのアンチウイルスソフトウェアに対しても正常です。 これより、antimalware service executableというプロセスは安全で、信頼できます。

なぜCPUまたはディスクリソースの使用率が高いですか?

CPUまたはディスクリソースの使用量が急に上がる時に、マルウェア対策サービス実行可能ファイルがマルウェアをスキャンしているまたは定期的に新しいマルウェア情報の更新バッチをインストールしている可能性があることを意味します。 これらのプログラムは、PCの安全を保護するために、多少にシステムリソースを使用する必要があります。

antimalware service executableのCPU /メモリの使用量が過多という問題を解決するにはどうすればよいですか?

ただし、windows10にアップデートしたばかりの多くのユーザーは新しいバージョンに慣れていないかもしれません。システムの使用量が過多で、マルウェア対策サービス実行可能ファイル(antimalware service executable)を閉めてCPU /メモの使用量が過多の問題を解決できます。どうすればよいですか?

実は、他のアンチウイルスソフトウェアをインストールしていない場合は、Windows Defenderアンチウイルスツールまたはantimalware service executableを無効にしないのほうがいいです。 ただし、永久に無効にすることはできません。 Windows Defenderが他のアンチウイルスソフトウェアを検出しない場合には、自動的に有効になります。

無効にする方法:

1、手動で無効にする:[スタート]メニューからWindows セキュリティを開き、[ウイルスと脅威の保護]> [ウイルスと脅威の保護の設定]に移動して、[リアルタイムの保護]を無効にすることができます。

2、他のアンチウイルスプログラムをインストールします。他のアンチウイルスプログラムをインストールし、Windows Defenderのサービスを置き換えると、マルウェア対策サービス実行可能ファイル(antimalware service executable)が永久に無効にします。

コンピューターに今より安全な環境を確保するために、他のアンチウイルスプログラムをインストールした後、[Windows Defenderウイルス対策のオプション]を展開し、[定期的なスキャン]を有効にしてください。この機能はアンチウイルスソフトウェアが見つけないウイルスも検出できます。もちろん、Windows DefenderがCPUを使用しないようにするために、[定期的なスキャン]をオフにすればいいです。

CPUの使用率に心配している場合にお勧めしませんが、MsMpEng.exeのCPU使用率を手動で制限できます。

1、Ctrl + Shift + ESCを押してタスクマネージャーを開きます。

2、[詳細]をクリックして、[詳細]タブが開きます。

3、msmpeng.exeファイルを見つけて右クリックし、[関係の設定]を選択します。

4、プロセスでの使用を許可するCPU最大使用量を選択し、タスクマネージャーを閉めます。

Windows 10にWindows Defenderファイアウォールが組み込まれているのはなぜですか?

インターネットの安全性についてはつねに信頼できることではないと認めなければなりません。そこには多くの悪者やハッカーが潜んでいます。その人はマルウェアを広めたり、トラブルを引き起こしたり、利益を得たりしようとします。

マルウェアとは何ですか?

「マルウェア」とは、コンピューターに悪意のあるソフトウェアです。 パソコンから機密情報を盗んだり、運行スピードを徐々に遅くしたり、個人の電子メールアカウントを使ってメールを送ったり、パスワードなどの重要な情報を取得します。次にはよく見るマルウェアの種類です。

  • ウイルス:自分でコピーしてコンピューターを感染させる可能性のある有害なプログラムです。
  • ワーム:インターネット経由で、自身をコピーして他のシステムに拡散する性質を持ったマルウェアです。
  • スパイウェア:ユーザーの知らないうちに情報を盗むマルウェアです。
  • 広告ソフトウェア:コンピューターで広告を自動的に再生、表示、またはダウンロードするソフトウェアです。
  • トロイの木馬:正常なアプリケーションのふりをし、インストール後にコンピューターを感染させ、情報を盗んだりする破壊的なプログラムです。

マルウェアを防ぐ方法

1、最新バージョンのソフトウェアとプログラムを使用します。

2、管理者以外のアカウントでログインしてみてください。

3、リンクをクリックまたはダウンロードする前に、油断しないでください。

4、メールの添付ファイルや写真を開く時に、油断しないでください。

5、ポップアップウィンドウを信頼しないでください。

6、ファイル共有を制限します。

7、アンチウイルスソフトウェアを使用します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です