25 September, 2020

Androidを搭載し、5GをサポートしていないMicrosoftのデュアルスクリーン携帯電話Surface Duoがついに予約注文を開始

マイクロソフトは、人々の生産性と創造性を最大化するために、7年前からSurfaceシリーズの製品の作成を始めました。 2019年10月、携帯電話、タブレット、ラップトップにまたがるデュアルスクリーンデバイスSurface NeoラップトップとSurface Duoフォンを発表しました。 その中でも、Surface DuoはAndroidシステム(Android 10)とAppに基づいき、Microsoft 365の強力な機能を追加したデュアルスクリーン電話です。 Microsoftは12日、米国でSurface Duo販売の先行予約をする予定です。予定価格$ 1,399と発表しました。

COVID-19の流行の影響を受けて、Surface Duoの発売は延期され、Microsoftはついに予約注文の開始を発表し、9月10日から店舗およびオンラインで予約注文が可能になります。

Surface Duoは、2つの5.6インチPixelSense Fusionディスプレイを組み合わせたもので、中央に360度の動的ヒンジ構造があるため、ユーザーはさまざまな使用モードで使用できます。 本のように開いたり、2つの画面で異なるアプリを開いたり、電子書籍を読んだりすることができ、8.3インチの大きな画面が形成され、360度開閉することもできます。

ハードウェアの面では、Surface DuoはQualcomm Snapdragon 855モバイルプラットフォームを搭載し、6GBのメモリ、128GB / 256GBのストレージ容量、および1100万ピクセルのカメラを備えています。 バッテリー寿命は、音声通話で最大27時間、ビデオ再生で最大15.5時間です。 仕様はよく、使い方も多種多様ですが、この携帯電話は4Gしかなく、5Gには対応していません。

ユーザーは、Surface Duoの1つの画面でMicrosoft Teamsビデオ通話しながら、他の画面でPowerPointプレゼンテーションを表示して、他のオンラインメンバーとのリモート会議を行ったり、Amazon Kindleをオンにして本のような電子書籍全体を読んだりできます。 さらに、Bluetoothテクノロジーを使用してペアリングしたり、Surface Slimスタイラスを使用してSurface Duoにメモを書き込んだり、Surface DuoをゲームコントローラーとペアリングしてXbox Game Pass Ultimateでゲームをプレイしたり、Surface Earbudsをペアリングしてお気に入りの音楽またはポッドキャストを聴いたりすることもできます 。

さらに重要なことに、Microsoftは継続的にデュアルスクリーンデバイス向けに、Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Otlook、OneDrive、Teams、Edgeなどのアプリを最適化し、操作がより易しく便利です。 また、Surface Duoの「電話アシスタント」アプリを使用して、Windowsコンピューターで電話をかけたり受けたり、通知やメッセージを管理したり、電話の写真にアクセスしたり、Surface Duoのデュアル画面をコンピューターに投影したりすることもできます。

▲Surface Duoの簡単な紹介ビデオを見て、この製品の多くの用途を深く理解することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です