27 September, 2020

AMD Ryzen 7 PRO 4750G 8コアのCPUのテストが流出され、Ryzen 7 3800XおよびCore i7-10700Kに相当する

デスクトップ版AMDのRenoirのCPUシリーズの最新テストが流出された。最上位モデルであるRyzen 7 PRO 4750Gが、AMDのRyzen 7 3800XおよびIntelのCore i7 10700K CPUとどのような区別が見える。

AMD Ryzen 7 PRO 4750GはRenoir Proシリーズの最上位製品であり、独占声明で述べたように、来週の7月21日に発表する予定です。 アクションシリーズの発行から約3か月後、Renoirシリーズはデスクトップ版が登場する。 Renoirデスクトップ版CPUの2つの主要なテクノロジーは、更新されたZen 2コアとVega GPU採用であり、これらはすべてDie上にある。

AMD Ryzen 7 PRO 4700Gは7nmのZen 2コアアーキテクチャを使用している。コア数は8コア/16スレッドで、L2キャッシュは4MB、L3キャッシュは8MB、合算で12MBキャッシュを備えている。 これは、8コアのRyzen 7 3800Xが備えている32MB L3高速キャッシュより少ないが、これはRyzen 3000 Matisseシリーズチップの設計ではなく、チップのSOC性質によるものである。 CPUはベースクロック3.60GHz、ブーストクロック最高4.45GHzである。 TDPは65Wに設定し、Socket AM4を採用する。 ディスプレイ装置は補強された7 nm Vega GPUを使用し、8 CUで512コアになる。 GPU端末の周波数は2100 MHzであり、最も高速な統合ディスプレイチップの1つと呼ばれる。

TUM_APISAKは例のチップの2つのテストを検出し、それに、ASUS PRIME B550M-Aマザーボードでテストを行わせ、16GBのDDR4-3200メモリを搭載している。 シングルコアの性能によって、プロセッサー取った点数は約1250点で、マルチコアテストには、両方も約8210点を取った。

今売ってる最速デスクトップ版8コア製品のAMD Ryzen 7 3800XおよびIntel Core i7-10700Kと比べると、AMD Ryzen 7 4750Gの性能は差があまりないである。 Ryzen 7 PRO 4750Gの価格が 300ドルで、Ryzen 7 3800XとIntel Core i7-10700Kの価格が300ドル以上のになった場合、消費者にはっきりした印象をづけた。そして、前者には強いディスプレイソリューションさえ付けていないんだ。ソリューションの最優策はIntel CPUに搭載した9.5世代ではなく、Ryzen 7 PRO 4750Gだ。

初期の記事からチップ周波数が最大4.65 GHzに達する結果を証明できる。AMD Renoirデスクトップ版のCPUは巨大なクロックアップの底力が見える。クロックアップしたあと、AMDのRyzen 7 PRO 4750GはRyzen 7 3800XとCore i7-10700Kを楽勝する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です