ホーム > >

マイクとしてAirPodsを使用してもOK! 授業記録、録音に使用できる

AirPodsが即座に音声聞くことができるが、AirPodsのマイクを介して受信されるので、音声を受信したい場合は電話を現場に置く必要があります。あまり実用的ではありませんので専門の録音ペンを購入することをお勧めします。

しかし、これにより著者はAirPodsマイクを受信デバイスとして使用し、その後iPhoneを使用して遠端で録音することはできないかを考えました。例えば、AirPodsを部屋に置いて、AirPodsが受信した音を遠くから録音することなどです。

AirPodsを録音マイクとして使用できますか? 確かにできます

両方のAirPodsにはマイクが内蔵されているため、実際にそれを行うことは可能ですが、いくつかの事前操作が必要です。そうしないとAirPodsはマイクの受信音声ソースを自動的に切り替えます。

まずiOSの[設定]> [Bluetooth]> [AirPods]に移動し、横にある[i]ボタンをクリックします。

次に、「マイク」の項目で、「常に左耳のAirPod」または「常に右耳のAirPod」に設定します。「 自動的にAirPodを切り替え」に設定できないのは、AirPodsがマイクを装着しているヘッドセットに自動的に設定するためです。

ここでは「常に左耳のAirPod」に設定していますが、これをマイクとして使用するように設定します。

次に、左側のAirPodsを録音する場所に置きましょう。

この場を去って、別の場所で音声メモなどのアプリを利用して、左耳のAirPodsで受信した音声をリアルタイムで録音することができます。

この機能を使用して録音したデータをテキストに変換する場合は、音声テキスト変換アプリを使用して実現できます。

AirPodsを録音マイクとして使用する際の制限

AirPodsとiPhoneはBluetoothで接続されているため、理論上では接続距離は数十メートルから数百メートルですが(第2世代AirPodsはBluetooth 5.0を使用し、理論的には400メートルの接続ができます)、iPhoneとヘッドセットの間に障害物があったり他の干渉発信源があったりすると、接続が中断されます。

AirPodsを録音マイクとしてどこで使用できますか?

一部のセミナーやツアーでは、先生やガイドに離れているが録音したい場合は、マイクを遠くに伸ばす代わりに、AirPodsを周りのテーブルと椅子に置くか、または近くにある人に渡してください。AirPods自体は非常に軽量で、受信用のマイクとして使用すると非常に便利です。

場合によっては、密室での会話を録音したりなど、使用する方法はたくさんあり、創造性を発揮してください。 (大きな講堂で講義を聞くとき、特に声の小さい教授の場合は役に立ちます。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です