AirPodsの新しいスキルを学んで、AirPodsを活用する

AirPodsは、2016年9月8日に発売されたAppleのBluetoothヘッドセットで、「付けばすぐに使える!」を売りポイントとしています。 購入時に、「接続」、「2回タップ」、「通話」、「Siriコントロール」など、AirPodsの基本的な使用スキルを教えてくれます。

しかし、使用の過程で、様々な状況に応じてAirPodsについていくつかの便利な使用方法は多くの人が知らないかもしれません。 ここでは、AirPodsをより使いやすくするための高級なテクニックをいくつかご紹介します。

左右の耳が違う音声

ハンドオフはユーザーにMacを使用してiPhoneからの着信を応答できますが、条件は厳しく、Bluetooth、Wi-Fi、iCloudなどをオンにする必要があります。 このような厳しい条件の下でも、企業のイントラネットなどであれば、失敗する可能性があります。 AppSoがAppleのシニアテクニカルコンサルタントと連絡した後の対応は、現時点では100%MacはiPhoneの通話に応答機能を達成するのは保証できないとのことです。

このような状況に遭ったことはありませんか?正午に出前を待つと同時に、AirPodsを使用してMacのライブブロードキャスト画面を見ているときに、電話が来ました。ヘッドセットを使用して応答すると、MACからの音声を聞こえなくなります。? これは、ヘッドフォンで電話を応答するのが好きな人にとって面倒なことです。

解決策はあります。1つのAirPodsをiPhoneに、1つのAirPodsをMacに接続してみませんか?

手順も非常に簡単で、必要な手順は3つだけです。

1、両方のAirPodsが充電ボックスに入れて、充電ボックスの背面にある小さな点をクリックするか、またはふたを開くと、電話機にAirPods電量表示画面が表示されたら、充電ボックスがiPhoneに接続されます。

2、AirPodsを1つ取り出し、蓋を閉じます。 取り外されたAirPodsをMacに接続し、音楽を正常に再生します。

AirPods を Macに

3、iPhoneで音楽を再生したら、ボックスを開いてもう一つのAirPodsを取り出します。

上記3つの簡単な手順で、2つのAirPodが異なる音楽を再生していることに驚かれるでしょう。 そうすると、ライブ放送を楽しく視聴しながら出前の着信待てば良いです。

2つのAirPodsを同じデバイスに接続する場合は、それらを充電ケースに戻して同時に取り出すだけでよいです。そうするとAirPodsは最後に接続されたデバイスに自動的に接続します。

この方法の原理は、「充電ケース」、「AirPods左」、「AirPods右」は3つの異なるBluetoothデバイスであることです。 2人が一つずつAirPodsを装着して異なる音楽を聴くなど、より多くの状況に応用できます。

AirPodsの一般的なテクニック

上記の上級の使用方法に加えて、よく使用されるテクニックについて、AppSoはまとめました。習得すれば、あなたのAirPodsはより価値のあるものにします。

1、 AirPodsは、装着後の自動再生をサポートします。1つのヘッドセットを取り外すと自動的に一時停止し、2つを取り外すと自動的に停止します。

2、AirPodsはApple WatchとiPhoneを同時に接続し、自由に切り替えることができます

3、Apple Musicを使用している場合、Apple Watchで直接音楽を聴いたり、iPhoneで音楽の再生と音量を制御したりできます

4、AirPodsを接続した後、「設定」>「Bluetooth」を開き、AirPodsを見つけて、その横にある「i」をタップします。次のように、「ダブルタップ」機能をカスタマイズできます。

  • 起動する
  • 再生と一時停止
  • 次のトラック
  • 前のトラック•オフ

5、着信があると、Siriはヘッドセットで通知を送信します。どちらかのヘッドセットをダブルタップして応答します。通話を切断したり別の通話に切り替えたりしたい場合は、ダブルタップすればよいです。

6、AirPodsでの録音:通常インタビューやその他の録音が必要な場合、AirPodsは素晴らしい音声受信装置になります。AirPodsを携帯電話に接続して、録音が必要な人にイヤホンを装着すればいいです。録音効果も抜群です。

より高度なAirPodsテクニック

イヤホンであることに加えて、AirPodsは実際にいくつかの設定を通じてボイスレコーダーの音声受信装置になることができます!次の2つの記事を参照にして、AirPodsは特定の状況で予期しない効果を発揮することができます。

イースターエッグ

AirPodsは内蔵の赤外線センサーを介して耳に入っているかどうかを自動的に認識すると主張していますが、使用中に、手でヘッドセットをしっかりと握るとiPhoneに接続できることがわかりました。ほとんど意味がないですが、一応こういうことができると紹介させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です