22 October, 2020

AirPodsのバッテリー待機時間が低下し、電力を速く消費します。AirPods電池寿命延長テクニック

AirPodsを数年間使用した後、待機時間が購入した当時ほど良くないと感じます。 この状況は、第1世代のAirPodsを購入するユーザーには特に感じます。ただ、AirPodsのバッテリーを交換するのは非常にコストがかかります。

「AirPodsのバッテリー寿命を延ばす」という究極の手法を使用して、AirPodsのバッテリーを元の状態に戻し、バッテリーまたは新しいAirPodsの買い替えにかかるお金が節約できます。

Appleの公式Webサイトでは、AirPodsのバッテリー寿命についてユーザーに明示的に通知しておらず、AirPodsのバッテリー寿命を確認する方法はありません。AirPodsのバッテリー寿命が大幅に低下したかどうかを知る唯一の方法は普段の使用です。
ただし、これまでに第1世代のAirPodsを購入したユーザーにとって、ほとんどのユーザーは元のAirPodsが数時間の使用時間が維持できますが、今では、一度フル充電してから使用時間はわずか1.5時間となっています。頻繁に充電することだけで面倒です。ネチズンからの実際の測定手法を共有して、数回の操作でAirPodsバッテリーを元に戻し、耐久性が急上昇させます!

AirPodsのバッテリー使用時間が短くなり、高速電力消費を解決するための3つのスキル

AirPodsバッテリーを元に戻すために、この方法はすべてのAirPodsに役立つと信じられており、第1世代のAirPodsに限らず、第2世代のAirPodsまたはAirPods Proも使用できると思います。
1、AirPods充電ケースをリセットします(充電ケースの背面にある白ボタンを10秒以上押します)。
2、iPhoneと再度ペアリングし、AirPodsのヘッドセットとバッテリーボックスを完全に使い切ります。
3、AirPodsを充電ケースに戻し、バッテリーを100%まで完全に充電します。
上記の手順を完了すると、RedditユーザーはAirPodsのバッテリー寿命が大幅に改善されていることに気づきました。最も重要なことは、リセット、放電、充電の組み合わせを使用してバッテリー寿命測定システムを再調整し、1.5時間のバッテリー寿命しか維持できないことから 3〜3.5時間に変わります。過去の片耳でのバッテリーの過剰消費の問題も改善され、現在では非常に平均的になっています。

多くのユーザーがこの方法を一度実行し、第1世代のAirPodsバッテリーの経年劣化の問題を改善しました。新しいAirPodsを買い替えるお金がない場合は、この方法でAirPodsやそのバッテリー交換のメンテナンス料金を確実に節約できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です