AirPodsを会話盗聴の受信マイクとして使用できますか? 実用的ではないが、やり方を教える

AirPodsはリスナーとして盗聴に使用されますか?実際、iOS 12の早い段階で、Appleは「ライブリスニング」補助機能を追加しました。Redditフォーラムで、一部のネチズンはこの機能でAirPodsを盗聴デバイスとして使用できるかどうか疑っていました。理論的にはできるのですが、実際の使用状況は、思ったほど便利ではありません。

以下は、「ライブリスニング」とは何か、およびそのやり方をご紹介します。 ちなみに、この機能を利用できるイヤホンはAirPodsとPowerbeats Proです。

リスナーとしてのAirPodsはどのようなものですか?

iOSの「ライブリスニング」機能とは?

iOS 12の Apple「ライブリスニング」)機能は、iPhoneのマイクが受信した音声をAirPodsヘッドセットに送信できます。これまで、AirPodsはiPhoneの音声の再生にのみ使用し、iPhoneマイクで録音された音を直接聞くことはできませんでした。

この機能は、聴覚障害者がiPhoneのマイクを補助デバイスとして使用できるようにすることを目的としています。騒がしい環境でも会話をはっきりと聞くこと、またはスペースやその他の要因により、部屋の反対側の隅で他の人の会話の内容を聞くことができます(または他の人のインタビューを聞く)。その場合、iPhoneをテーブルに置いてAirPodsを使用して遠くから音を同期させることは確かに可能です。

ただし、一部の人々は、盗聴したい環境にiPhoneを置いて、AirPodsを別の場所で盗聴できないかと疑問を持っています。

AirPodsは盗聴デバイスとして使用できますか? あまり実用的ではありません。

まず、AirPodsが聞こえる音はiPhoneマイクが受け取った音なので、本当に盗聴したい場合は、iPhoneを盗聴環境に置く必要があります。

これ自体はあまり合理的ではありません! 秘密の会話をする際、なじみのないiPhoneがテーブルの上に突然現れたら、他の人に疑念を抱かせないでしょうか?

次に、AirPodsはBluetoothを介してiPhoneに接続されます。理論的には接続距離が数十メートルから数百メートルに達する可能性がありますが(第2世代は理論的には400メートルに達する可能性があります)、それらはBluetoothを介して接続されているため、その間に金属、壁など さまざまな障害物があるため、遠く離れることはできません。

iPhoneを監視場所に置いて、人は遠くに離れてはいけません。本当に盗聴したいのなら、録音ペンを購入ししたほうがいいのではないですか?

AirPodsの「「ライブリスニング」」機能を有効にする方法は?

実用的ではありませんが、使用したい場合は、次の手順を参照してください。

「設定」>「コントロールセンター」に移動します。

コントロールを追加項目で、「聴覚」も見つけ、ポイントの横にある緑色の+記号をタップすると、コントロールセンターに聴覚機能である耳のアイコンが表示されます。

それをクリックして「ライブリスニング」をオンにすると、AirPodsを介してiPhoneが受信したサウンドを受信できます。

つまり「盗聴装置としてのAirPodsの使用」とは、実際にはiPhoneをマイクとして、AirPodsを盗聴ヘッドセットとして使用することです。この機能の本来の目的は、iPhoneを使用する必要がある人々がより明確に環境音を聞くことができるようにしたのです。そのため、変な使い方はおやめになったほうがいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です