21 October, 2020

AirPodsの左右の耳の電力消費量が異なるのはなぜですか? 答えと解決策を教えいたします

AirPodsとAirPods ProのワイヤレスBluetoothヘッドセットのどちらを購入ても、AirPodsの左右の耳の電力消費量がまったく異なります。 イヤホンの片方が明らかに消費電力が速くなることはよくあります。多くのiPhoneユーザーがこの問題を訪ねてきました。なぜこの問題が発生するのですか? どうやって解決しますか? この記事では分析して答えと解決策を説明します。

AirPodsの左右の耳の電力消費量が異なる理由を説明してます。

AirPodsの左耳と右耳の電力消費量が異なるのは、主に次の原因です。これについては後で詳しく説明します
•片耳のマイクが動作する
•主耳と補助耳の伝送技術
•片方の耳を頻繁に着用する
•iOSベータ版の使用による誤判断
•AirPodsが1年以上使用される

片耳のマイクが動作する

主にユーザーが最初に片耳のAirPodsを着用するため、片耳のAirPodsのマイクが動作し、両側のバッテリーが異なります。さらに、AirPodsの両耳はそれぞれ独立したイヤホンであり、音楽の再生やマイクとして使用したりできるため、同じ量の電力である可能性が低いですが、電力消費についてに大きな違いはありません。
AirPodsの2つの耳が電力の消費について最も異なるのは、電話で話しているときです。通話中に片方のAirPodsのマイクのみが使用され、両方のマイクが同時に使用することがありません。音楽を聴くだけであれば、電力消費量の違いが少ないです。

「主耳と補助耳の伝送技術」によるもの

AirPodsの左右の耳の電力量が異なるもう一つの原因は、AirPods自体が「主耳と補助耳の伝送技術」を使用して動作しているためです。
「主耳と補助耳の伝送技術」とは何ですか? AirPodsとiPhoneがBluetoothで接続されている場合、ヘッドセットの1つだけが先に接続されます。最初に接続された片方の耳がメインヘッドセットになります。このとき、メインヘッドセットは、もう一つ片方のヘッドセットに接続してデータを送ります。 実際にヘッドセットがデバイスに接続されて信号を送信しているのは片方のヘッドセットだけです。「主耳と補助耳の伝送技術」はこういった原理によって、メインヘッドセットがiPhoneとBluetoothで接続するだけでなく、もう一つ片方のヘッドセットと繋ぎ、同期する役割を果たすため、メインヘッドセットの電力の消費量が早くなります。
ただし、「主耳と補助耳の伝送技術」に関するAppleの独創機能により、補助役のヘッドセットが信号をメインイヤホンに戻し、Apple H1チップと双方向同期伝送を実現できます。補助役のヘッドセットは、メインイヤホンを介してデバイス信号を確認して、2ヘッドセットのオーディオ遅延なしの同時同期を実現することができます。 各デバイスはより高速で安定したワイヤレス接続が確立できます。
AirPodsは実際にはBluetooth使用して信号を送信しています。iPhone、iPad、Apple Watch、Android、コンピューターのいずれにBluetoothがオンにすれば、接続して使用できます。AppleのiOSおよびiPadOSデバイスに近づくと 提示されます。

頻繁に片耳だけを着用する

違いがあまりにはっきりしている場合は、片方の耳だけに装着するか、片側のマイクだけを動作させることで、片方電力消費が大幅に大きくなります。[設定]> [Bluetooth]に移動し接続されているAirPodsデバイスの右側にある「 i 」ボタンをクリックし、”マイク “を”自動 “に変更します。

iOSベータ版の使用による誤判断

iOSのベータ版にアップグレードする場合、AirPodsの左右の耳のバッテリーディスプレイが異常になる可能性が高くなります。通常、この状況はあなた自身の負担です。iOSテストバージョンのため、AirPodsヘッドセットがバッテリー電力を誤って読み取る可能性があります。 、または特定の値で動かなくなった場合もあります。iOSの公式バージョンに戻ることをお勧めします。

AirPodsを1年以上使用する

AirPodsのバッテリーの劣化により、バッテリー寿命が大幅に低下します。通常、1年以上使用すると、バッテリーの使用時間が、最初の約5時間からゆっくりと4〜3時間に変化します。 バッテリーの劣化により、左右のヘッドセットの消費電力の差も大きくなります。

AirPodsの左右のヘッドセットの違いを解決するにはどうすればよいですか?
AirPodsの左右の耳のパワーの違いを解決するには、最初に「片方のマイクが動作する」と「主耳と補助耳の伝送技術」の2つの設定を解除します。次の方法でも改善できます。

•まず、iOSバージョンが公式バージョンかどうかを確認します•AirPodsが1年以上使用されているかどうかを確認します。超えるとバッテリーが劣化しているため、「AirPodsのバッテリー待機時間を改善する隠し方法」を試すか、直接片耳バッテリーを交換 してください。
•マイクを自動に変更する
•片方のヘッドセットに着用することに慣れているかを確認してください。 左耳と右耳に交互に装着し、改善する
•片耳ノイズ低減モードをオンにしないでください
•AirPodsを1回リセットする
•バッテリーは充電できず、1年以内であれば無料で修理できます。

AirPodsの待機期間
多くのユーザーはAirPodsのバッテリーを1回フル充電後の使用時間について知らないようです。以下の内容で紹介します。
AirPods Proの待機期間
•リスニング時間は最大4.5時間、ノイズ低減モード機能とトランスペアレントモードの両方がオフの場合、最大は5時間です。
•通話時間は最大3.5時間
5分間充電ケースに入れて、約1時間のリスニング時間または約1時間の通話時間を提供できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です