ホーム > >

AirPodsを2つの異なるデバイスで同時に使用できますか

友人がヘッドホンを持って出かけるのを忘れて、あなたからAirPodsを一つを借りて、一人一つずつヘッドホンを違うiPhoneに接続して使用したい場合、できますか? もちろんできます! 次に、2つのAirPodを同時に異なるiPhoneに接続できるようにするために何をする必要があるかを見てみましょう。

AirPodsを2番目のiPhoneとペアリングする

AirPodsはすでに自分のiPhoneとペアリングされているため、ここではAirPodsを友人のiPhoneとペアリングするだけで済みます。

最初にAirPodsを充電ケースに入れてから、友人iPhoneの横にあるAirPods充電ケースの蓋を開き、充電ケースの背面にあるペアリングボタンを長押しすると、AirPodsペアリング画面がiPhoneに表示され、AirPodsペアリングをクリックするだけです。 ページの「接続」を選択してペアリングが完了します。

最初のAirPodsを接続する

AirPodsを別のiPhoneとペアリングしたら、AirPodsで音楽を聴くことができます。最初に、充電ケースから最初のAirPodsを取り出して音楽の再生を開始し、充電ケースの蓋を閉じます。

2番目のAirPodsを接続する

最初のAirPodsを接続した後、2番目のAirPodsを接続できますが、ここでは、最初のAirPodsに接続されたiPhoneから距離を保つ必要があることに注意してください。 AirPodsと最初のiPhoneが近すぎると別のiPhoneに接続できません。 2つ目のAirPodsを別のiPhoneに接続するのは簡単です。他のiPhoneに近づき、AirPodsを充電ケースから取り外して音楽の再生を開始するだけでよいです。

2つのAirPodsは、別々のiPhoneにそれぞれに接続した後、一定の距離を維持せずに使用できます。下図では2つのAirPodsを2つの異なるデバイスで同時に使用できることがわかります。二つのAirPod同じデバイスで同時に使用する場合は、 両方のAirPodsを充電ケースに入れ、接続するiPhoneの近くでAirPods通常通りに使用すればよいです。

次回友人がヘッドフォンを忘れてAirPodsを借りたくなった場合は、この方法を試して別のiPhoneに接続するか、同時に自分の2つの異なるデバイスを使用していて同時に聞く必要がある場合は、この方法を使用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です