22 October, 2020

AirDropをどうやって使いますか?AirDropを使用して写真やビデオを友達と共有する方法

iPhoneの実用的で便利な機能の1つはAirDropです。AirDropを使用すると、画質を圧縮することなく、さまざまなAppleデバイス間で写真、ビデオ、ファイルを簡単に転送できます。この機能により、AirDropは常にAppleユーザーから愛用されています。AirDropをどうやって使いますか? 本日は、AirDropを使用して写真やビデオを友達と共有する方法を教えいたします。

Bluetooth、Wi-Fi、AirDropをオンにします。

他の人がAirDropを使用して送信した写真またはビデオを受信する場合は、両者がBluetoothとWi-Fiをオンにし、写真を受信する側がAirDrop受信機能をオンにする必要があります。
下の図に従って操作してください。「コントロールセンター」>左上隅の空白スペースを長押し>「AirDrop受信」をオンにします。

「連絡先のみ」か、「全ての人」を選択できます。

AirDropを使用して写真とビデオを転送する

写真やビデオを友達に送りたい場合はどうしますか? まず最初に、iPhoneがiPhone、MacからiPhone、iPadからiPhoneまたはMacに転送するかどうかに関係なく、双方がAppleデバイスを使用していること(BluetoothとWi-Fiの両方がオンになっていること)を確認してください。
次の例では、iPhoneを使用してデモンストレーションします。一度に1つまたは複数の写真を選択し、写真の左下にある[共有アイコン]をクリックして、[AirDrop]を選択できます。

次に、送信する相手を選択します。 (相手のデバイスがここに表示されない場合は、相手がAirDrop受信機能をオンにしていることを確認してください)

このウィンドウが相手の携帯電話に表示され、相手が「承諾」をクリックすると、相手のiPhoneの写真アプリに写真が転送されます。とても早くて簡単です!

上記はAirDrop使用方法です。AirDropを使用して、画質に影響を与えずにAppleデバイス間で簡単に転送する方法を示しています。写真やビデオを友達に転送するのも非常に簡単で、 オススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です