22 October, 2020

古いコンピュータの再利用:完全なChrome OSインストールガイド

新しいコンピュータを購入して古いコンピュータの対処する方法がわかりません。 Chrome OSを実行しているコンピューターに変換して、2つのオペレーティングシステムの楽しさを同時に体験し、コンピューターでアンドロイドソフトウェアを使用することをお勧めします。多くの人は、数年前から自宅で古いラップトップまたはデスクトップコンピューターを使用しているはずです。中古販売を考慮しない場合、軽量のオペレーティングシステムをインストールすることは、実際には古き良きトリックです。

Chrome OSはオープンソースのChromium OSに基づいていますが、合意によると、Chromium OSにはGoogle Playフレームワークサービスが含まれていません(この部分はクローズドソースです)。アンドロイドベースのGoogle PlayサービスはChrome OSでのみあります。 したがって、Googleサービスに大きく依存して、最も本格的なChrome OSを体験したい場合、Chromebookデバイスを購入する以外に方法はほとんどありません。
さいわい、一部の開発者は最近、フルバージョンのChrome OSをPCにインストールする手順を実現しました。古くて普段使わないPCあれば、このガイドに従ってインストールを試してみてください。

原則と注意事項

現在知られている情報によると、Chromium OSはLinuxのDebianパッケージに基づいているため、インストール手順全体の原則は、DebianのライブUSBシステム環境を介してChrome OSイメージをシステムパーティションにフラッシュすることです。
インストールに使用するPCはBIOSがUEFI導入をサポートする必要とするため、ハードウェアが2011年より前のものを搭載したコンピューターの場合、基本的にインストールすることは不可能です。プロセッサーはIntelプロセッサーと少なくとも「Intel core i3」以後のものが望ましいです。 デバイスが要件を満たしていることを確認した後、導入ディスクを作成するために、少なくとも16GBのストレージスペースを持つUSBを準備してください。

導入ディスクを作る

まず、DebianのLinux発行版に基づいてライブUSBを作成する必要があります。インストールを実行せずにUSBディスクを介してシステムを実行できます。ここでは、私がよく知っているUbuntu Mateの最新のミラーを選択しました。ここで公式ウェブサイトから64ビットの「ubuntu mate 20.04 LTS」ミラーがダウンロードしました。

次に、コンピューターにミラーフラッシュツールRufusをダウンロードし、USBを挿入して、「デバイス」に挿入したUディスクを選択し、「ブートタイプの選択」でダウンロードしたLinuxシステムミラーを選択します。 注意すべきは、パーティションタイプでは、「GPT」パーティションを選択し、ターゲットシステムタイプは「UEFI(非CSM)」である必要があり、準備ができたら開始を選択してください。
その過程では、一連の選択肢が出てくるかもしれません。デフォルトを選択してください。

書き込みが完了したら、書き込み済みのUSDを開き、元ディレクトリにChrome OSという名前のフォルダーを作成します(大文字と小文字に注意)。

次に、Chromeインストールフレームワーク、開発者sebancによって開発されたBrunchビルドフレームワークをダウンロードする必要があります。ここでは、GitHubに直接ダウンロードできます。ChromeOSの最新バージョンをインストールするため、最新の発行版「Brunch r83 k4.19 Testing 20200614」をダウンロードしてください。

ダウンロードしたBrunch r83 k4.19 Testing 20200614.tar.gzファイルを解凍ソフトウェアで解凍して4つのファイルを取得し、4つのファイルをUSBで作成されたChrome OSフォルダーにコピーします。
次に、公式のGoogle Chrome OS復元ミラーを準備します。このオフラインミラーコレクションサイトを開き、CTRL + Fを使用してキーワード「rammus」を検索し、対応するテーブル行「Recovery」の「83」をクリックして復元ミラーをダウンロードします 。
コンピュータが3世代のCore iプロセッサの場合は、「samus」というキーワードを検索して、対応するミラーをダウンロードします。

ダウンロードしたzipパッケージを解凍し、binファイルの名前をrammus_recovery.binに変更し(「samus」ミラーをダウンロードした場合は、その名前をsamus_recovery.binに変更します)、ファイルをUSBのChrome OSフォルダーにコピーします。
最後に、フラッシュスクリプトを作成し、次のコマンドをinstall.shとして保存します。もちろん、 Kedar Nimbalkarが書いたスクリプトを直接ダウンロードすることもできます(ミラー名が異なる場合は、対応するbinのファイル名を変更する必要があります)。
sudo apt-get update
sudo apt-get install figlet
sudo apt-get install pv
sudo apt-get install cgpt
sudo bash chromeos-install.sh -src rammus_recovery.bin -dst /dev/sda
最後に、保存したinstall.shファイルをUSBのChrome OSフォルダーにコピーします。 これまでに、準備が必要なすべてのドキュメントが完成しています。

クロームOSをインストール

Chrome OSをインストールする必要があるコンピューターにUSBを挿入し、コンピューターを再起動してBIOSに入り、BIOSでスタートアップ項目を見つけ、最初のスタートアップ項目としてUSBドライブを選択して、CSMでDisable を選択して保存します。

デバイスが再起動したら、GNU GRUBで最初の項目「Try Ubuntu MATE without installing」を選択し、Enterキーを押してUbuntu MATE Live USBに入ります。

まず、ネットワークに接続し、右上隅にあるWi-Fi入口を見つけ、対応するワイヤレスネットワークを選択して接続します。

次に、デスクトップのファイルマネージャーをダブルクリックして開き、左側の[File system]をクリックして、/ cdrom / Chrome OSに移動します。現在のディレクトリで右クリックし、[Open in Terminal]を選択します。

次に、ターミナルウィンドウでsudo sh install.shと入力してEnterキーを押します。ここで、前のコマンドスクリプトに従って一連の操作が実行されます。途中で、スペース内のすべてのファイルを削除してインストールしますかと表示され、yesと入力して続行します。

インストールが完了したら、システムの右上隅にあるステータスバーのシャットダウンボタンをオンにして、コンピューターを完全にシャットダウンします。この時点で、Chrome OSは現在のコンピューターにインストールされています。

起動とアクティベーション

起動USBを取り外した後、PCの電源を入れます。ここから直接Chrome OS起動ページに入り、起動が開始されます。その後、完全なChrome OS起動ページと登録アクティベーションページが表示されます。

Googleアカウントのログインが完了すると、Chrome OSによってChromeアカウントが自動的に同期されます。ChromeOSで一連の同期操作を完了すると、使い慣れたブラウザ設定が自動的に同期されます。
アンドロイド部分については、組み込みのGoogle Play Storeをアクティブ化し、システム設定でアプリケーションを開く必要があります。これは、手順に従って表示されます。アプリケーション部分では、システムプロセッサに応じて、自動的にChrome OSに適したAndroidアプリケーションと一致します。 これにより、不要なアプリケーションの互換性問題が回避されます。

結論

「古いハードウェアを再利用する」方法として、古いコンピュータにChrome OSをインストールすることは、異例の操作になるかもしれません。 この方法でChrome OSをインストールすることは、Googleシステムに非常に依存しているユーザーに適しています。また、元のChrome OSエコロジーを試したいユーザーも満足させることができます。
もちろん、初めてミラーの読み書きやシステムのインストールを経験する一般ユーザーにとっては、操作プロセス全体がまだ少し面倒です。操作中に問題が発生した場合は、コメント欄にコメントを残して議論してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です