ホームワイヤレスネットワークを保護する7つの方法

この記事では、ホームワイヤレスネットワークを保護する方法について説明します。 すべてのデバイスがインターネットにアクセスできるように、誰もが自宅にWiFiワイヤレスルーターを持っています。 一般的に、パスワードを設定するため、接続するにはパスワードを入力する必要がありますが、しばらくすると、友人や近所の人がWiFiパスワードをすでに知っている可能性があるため、電波の届く範囲内にいる限り、 接続していつでも使用できます。

つまり、誰がアクセスできるかをコントロールすることは難しいため、ホームワイヤレスネットワークのセキュリティを確保するために侵入者や覗きものを防ぐために、いくつかの変更と操作を実行すること必要があります。
解決する必要のある2つの主な問題があります。1つは「ネットワークを使用できるユーザーをコントロールする必要がある」、2つ目は「信号のカバ範囲」です。ワイヤレスルーターの信号が家の外で受信できると、データをキャプチャしてすべてのパスワードを盗むことができます。

ホームワイヤレスネットワークを保護する7つの方法

  1. VPNを使用する

VPNはバーチャルプライベートネットワークとも呼ばれ、主にインターネットのプライバシーを強化するために使用されますが、非常に高いセキュリティ上の利点があり、侵入からルーターを保護するのに役立ちます。
あなたやあなたの家族がコーヒーショップなどの公共の場所で公共のWiFiホットスポットを頻繁に使用する場合、VPNはハッカーの攻撃からデバイスを保護するのに役立ちます。
ハッカーは「中間者」攻撃を使用して、同じネットワークに接続されている他のユーザーからデータを盗み、デバイスにマルウェアを密かにインストールすることさえできます。
デバイスを家に持ち帰って家のワイヤレスネットワークに接続すると、ルーターが感染して家の他のデバイスに広がる可能性があります。
VPNはまた、デバイスからリモートサーバーへのすべてのデータを暗号化します。つまり、誰もそれを盗むことはできません。盗まれても、データを解読することはできず、データが何であるかを知ることができません。

2.複雑なルーターのパスワードを変更する
友人、近所の人、または訪問者にWiFiパスワードを提供している場合、彼らが入力すると、それらが信号範囲内にある限り、将来直接接続できます。つまり、彼らはずっとワイヤレスでホームネットワークにアクセスできます。
したがって、時々パスワードを変更するのが間違いなく最も安全な方法です。
パスワードを変更するときは、最善長さが20文字の複雑なパスワードを使用してください。これにより、簡単に解読されないようにすることができます。もちろん、長すぎて覚えにくい場合は、12文字に短くすることができます。 それより短いパスワードは推奨しません。

3.ネットワーク名を変更する
一般的に、各ルーターは工場出荷時に名前が設定されており(SSIDとも呼ばれます)、同じモデルの他のルーターと同じである可能性があります(内部設定も同じです)。つまり、ハッカーがこのうちの一台を解いて侵入したことがある限り、ルーターに侵入する方が非常に簡単になります。
ルーターメーカーは通常、ブランド名またはモデルをSSIDに名付けます。インターネットサービスプロバイダーのルーターの場合、ISP名の場合があります。
ハッカーは過去の経験に基づいて同じSSIDのルーターを見つけ、デフォルトのユーザー名とパスワードを試します。これを変更したことがない場合は、ハッカーが簡単に侵入することができ、ホームネットワークデータが即座に危険にさらされます。
したがって、ハッカーがこれがどのルーターであるかを識別できないように、「ネットワーク名(SSID)を変更する」ことを強くお勧めします。 名前をつけるときは、ブランドまたはモデル名を削除する必要があり、名前、住所、電話番号などの情報は使用しないでください。

4.高度なWiFi暗号化テクノロジーを使用する
インターネットには、弱いWiFi暗号化技術を簡単に解読できる多くの無料のハッキングツールがあります。一般的にWiFi暗号化技術は、WEP、WPA、WPA2の3つがあります。最も安全なのはWPA2で、使用すべき暗号化技術でもあります。 拡張バージョンであるWPA2 AESがあれば、もっといいです。ネットワーク伝送を保護するためにAESパスワードが追加され、解くことができません。
この機能はルーターコンソールにあり、AES暗号化オプションは通常、WPA2の後にある選択リストに表示されます。

5.ルーターのファームウェアを最新バージョンにキープする。
ルーターがファームウェアを自動的に更新するはずですが、特に古いルーターの場合は必ずしもそうとは限らないため、定期的に新しいファームウェアを確認することをお勧めします。
これを行い、毎月定期的にWiFiパスワードを変更し(2番で説明した方法)、同時に新しいファームウェアバージョンがあるかどうかを確認します。あれば、すぐにインストールしてください。
ほとんどのルーターメーカーは、いくつかのセキュリティ問題を発見したため、新しいファームウェアバージョンをリリースしています。ユーザーがハッカーに攻撃されるのを防ぐために、新しいパッチをすばやくプッシュします。
特に、使用しているルーターのブランドが、最近ニュースメディアで、ハッカーなどに関する内容である場合は、パッチを適用した新しいファームウェアがあるかどうかをすばやく確認する必要があります。

6.ファイアウォールをオンにする
お使いのWiFiルーターにファイアウォール機能があるかもしれませんが、それをオンにするのを忘れました。ルーターのコンソールに移動して、この機能があるかどうかを確認することをお勧めします。
また、最初に製造元のWebサイトのカスタマーサポートページにアクセスして、ルーターにファイアウォールが設定されているかどうか、およびファイアウォールを開く方法を確認することもできます。

7.ルーターの電源を切る
また、WiFiワイヤレスネットワークを使用していないときは、ルーターの電源を切ることを検討してください。特に、夜眠っているときは、プラグを抜いて回路が不安定にならないようにすることをお勧めします。多くの電化製品には、スタンバイモードでもマイクロ電力が残っています。
もちろん、家に他の人が使用している場合は別の問題です。たとえば、最後に寝る人、または最後に朝に出かけて家を出る人、ルーターをオフにするなど、ルールをお決めください。
理由は簡単です。WiFiルーターが電源をつける時間が短いほど、ハッカーによる攻撃の可能性が低くなり、ネイバーや他の人がネットワークを盗むのを防ぐこともできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です