Pythonができることはなんですか?5つの主な用途とあなたが知らない面白しい使い道

Pythonは簡単ですぐに使い始めることができ、多くのプログラマーが入門の一押しの言語です。

Pythonを学びたい場合、またはPythonを学び始めたばかりの場合は、「Pythonで何ができるか」と尋ねるでしょう。

Pythonには多くの用途があるため、ある意味でこの質問に答えるのは難しいです。

しかし、時間が経つにつれて、Pythonには5つの主要なできることがあることがわかりました。

1.Web開発

Pythonの誕生の歴史はWebよりも早いです。Pythonは開発効率の高い解釈型スクリプト言語であるため、Web開発に非常に適しています。

Pythonには、何百ものWeb開発フレームワークと多くの成熟したテンプレートテクノロジがあります。Webアプリケーションを開発するためにPythonを選択すると、開発効率が高くなるだけでなく、実行速度も速くなります。

一般的に使用されるWeb開発フレームワークは、Django、Flask、Tornadoなどです。

多くの有名なインターネット企業が主な開発言語としてpythonを使用しています。例えば、Google、NASA、YouTube、Facebook などです。

バックエンドサーバーの多様性により、狭義のWebサイトに加えて、多くのアプリやゲームのサーバー側もPythonを使用しています。

2、Webクローラー

多くの人々のプログラミングへの熱意は好奇心から始まり、スキルの停滞に留まります。

実際のプログラムの開発には技術的なギャップがあり、教えてくれる人がいなく、現在のレベルで何ができるのかわかりませんか? この疑念のサイクルでは、プログラミングスキルが停滞してしまいます。クロールは進歩のためのよい方向の1つです。

WebクローラーはPythonの比較的一般的な応用シナリオです。国際的には、Googleは初期のWebクローラーの基盤としてPython言語を大量に使用し、Python言語全体の発展をもたらしました。 以前は、中国の多くの人々がコレクターを使用してオンラインコンテンツを検索していましたが、Pythonを使用してオンライン情報を収集することが以前よりもはるかに簡単になっています。

主要なWebサイトから製品割引情報を取得して、比較して最良を選択します。

ソーシャルネットワークでスピーチを収集して分類し、感情的なマップを生成し、言語の習慣を分析します。

NetEase Cloud Musicで特定の種類の曲のすべてのコメントを取得して、ワードクラウドを生成します。

条件でフィルタリングして、豆瓣の映画、本の情報を取得し、テーブルを生成します。

Pythonの応用範囲が広いです。クローラーを学習した後、ほとんどの人がクローラーを介して面白くて便利な応用を行うことができます。

3.AI

AIは現在まさに波に乗っている方向の1つです。AIの波はPython言語の未来を無限の可能性に満ちたものにします。 現在リリースされているいくつかの非常に影響力のあるAIフレームワークは、ほとんどがPythonで実現してます。なぜですか。

Pythonには、数値計算用のnumpy、scipy、機械学習用のsklearn、ニューラルネットワーク用のpybrain、データ視覚化用のmatplotlibなど、人工知能に便利なライブラリが多数あるためです。 人工知能の分野におけるデータマイニング、機械学習、ニューラルネットワーク、ディープラーニングなどにおいてはすべて主流のプログラミング言語であり、広くサポートされ、適用されています。

AIのコアアルゴリズムのほとんどは、依然としてC / C ++に依存しています。それは、計算量が多く、非常に細かい最適化が必要であり、GPUや専用ハードウェアなどのインターフェイス必要であって、こういったことはC / C ++のみが実行できるからです。

PythonはこれらのライブラリのAPIバインディングです。Pythonを使用するにはCPythonにある接着言語機能のためです。C / C ++へのクロス言語インターフェイスに他の言語を開発するには、Pythonが最も簡単です。特にCythonを使用している時に、他の言語よりもはるかに容易になります。

4、データ分析

データの分析と処理に関して、Pythonには完備したシステム環境があります。 「ビッグデータ」分析には、分散コンピューティング、データの視覚化、データベース操作などが含まれます。Pythonには、その機能を完了するために選択できる成熟したモジュールがあります。 Hadoop-MapReduceとSparkの場合、Pythonを直接使用して計算ロジックを完成させることができます。これは、データサイエンティストとデータエンジニアの両方にとって非常に便利です。

5、自動化操作とメンテナンス

Pythonは、サーバーの自動化操作とメンテナンスにとっても非常に重要です。 現在、ほとんどのLinux発行版には独自のPythonインタープリターがあるため、Pythonスクリプトを使用したバッチファイルの展開と操作の調整は、Linuxサーバーでの適切な選択になっています。 Pythonには、ssh / sftpを調整するためのparamiko、サービスを監視するためのsupervisor、bazelなどのビルドツール、さらにはconanなどのC ++用のパッケージ管理ツールまで、多くの便利なツールも含まれています。Pythonにはさまざまなツールが用意されています。 そしてこれに基づいて、Webと組み合わせると、操作とメンテナンスに便利なツールの開発が非常に簡単になります。

多くの人は、Pythonは簡単に習得できますが、それを生活に適用する方法がわかりません。またはPythonがデータ分析、クロール、さらにはAIにさえ使用できることを知っているが、それ自体は自分から遠く離れています。(特に初心者、しばしばそのような問題に遭遇します)

実際、Pythonは、上記の5つのポイントのように、必ずしも非常に専門的なアプリケーションに使用するではありません。初心者の場合は、非常にシンプルで面白い小さなプロジェクトから始めてもよいです。こうすれば、Pythonはより深く学ぶことができるだけでなく、Pythonを学ぶ理由と、Pythonで何ができるのかを実感できるのです。

次には、 Pythonの面白いできることの使い方を紹介しましょう

ワードクラウド(Word Cloud)の作成

Word Cloudとは?

名前が示すように、それは言葉で構成されたクラウドのようなものです。この種の写真によく見かけ、 「ワードクラウド」は誰もが知っているかもしれませんが、Pythonでワードクラウドをカスタマイズするのは非常に簡単なことということは存じないかもしれません。

基本的に、Pythonの基本的な構文を学び、いくつかの便利なモジュールを使用する限り、独自のワードクラウドを作成できます。テキストを分析し、必要な色に調整して、ワードクラウドを必要に応じて希望のパターンに成長させることができます。

なぜワードクラウドが必要なのですか? さまざまなソーシャルネットワーキングサイトやニュースサイトで、この種のグラフィックをよく目にします。ワードクラウドの目的は、読者がすべての記事を読むことなく、多数の記事のメインコンテンツにすばやく集中できるようにすることです。

ちょうどクリスマス近づいてきていますので、オリジナルのクリスマスツリーワードクラウドを作ってみませんか?

OCR (光学的文字認識)

Pythonを使用したOCR(光学的文字認識)認識について聞いたことがあるかもしれません。 Pythonで最も有名な関連モジュールは、Googleが資金提供するtesseractです。tesseractを使用して画像を簡単に認識できます。もちろん、このモジュールだけではありません。

まだOCRが何をしているのかわからないかもしれません。簡単な例を挙げます。今日友人からあなたにスピーチの原稿送りました。しかしそれはテキストファイルではなく写真でした。そしてこのスピーチの原稿を修正する必要があります。

こういう時にどうすればいいですか? 一文字一文字で打ちますか? 高度な知識が必要なく、Pythonを知っていれば、問題は解決します。ツールの使用方法を知っていれば十分です。
後で、自動チケット予約システムを開発しようとすると、関連するモジュールを使用する場合もあります。検証コードに対処するために、Pythonに検証コードの識別を直接支援させます。

簡単なプラグインの作成

ゲームプラグインを見ると、ゲーマーがきっと素晴らしいものと感心します。ここで説明するプラグインはゲーム内のクラッキングのようなものではありません。PythonのPyAutoGuiモジュールを使用してユーザーのマウスとキーボードの操作を制御するものです。 このモジュールだけでプレイできるトリックはたくさんありますが、OCRや上記の他の画像認識テクノロジーと組み合わせると、もっと素晴らしものができます。

もちろん、ゲームの分野だけでなく、ファイルを開いたり、Enterキーを押したりするなど、反復的で退屈な操作がたくさんある場合は、Pythonを使用すれば、すべてが解決されます。

同様に、これはすでに完成されたモジュールです。原則を理解理解していなくても、これらのツールの使用方法を知っている限り、問題が解決されます。

自動的にEメールの送信

まず、SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)について理解しましょう。これは、送信元アドレスから宛先アドレスにメールを送信するために使用される一連のプロトコルであり、メールの転送方法を制御する役割を果たします。

さて、上記と同じように、このモジュールを使用したいだけであれば、その内部の原則と詳細を理解する必要がなく、その使用方法を知っているだけでよいです。
Pythonでメールを送信する場合、専門家は間違いなくPythonのSMTPモジュールを使用します。

「Smtplib」はPythonの組み込みライブラリモジュールであるため、個別にダウンロードしてインストールする必要はありません。

このモジュールはどこで役に立ちますか? 忘れがちな人は、smtplibモジュールとtimeモジュールを組み合わせて、自分用の秘書プログラムをカスタマイズできます。これにより、特定の時間にメールを送信して、重要な関連事項を思い出させることができます。 便利ではないですか?

さらに、自分でクローラーを学習している初心者の場合は、クローラーとsmtplibを組み合わせてより強力にすることもできます。 例:特定のラッパーに関する情報を収集していて、PTT Hip-Hopバージョンをクロールし続けるクローラーを作成しました。キーワード(ラッパーの名前など)のある記事にアクセスするとすぐに、 リンクを整理し、メールを送信して通知し、最新の情報を入手できるようにします。役に立ちませんか?

Pythonで告白プログラムの作成

「最近、好きな人に出会いました。プログラミングを真剣に学んでいることを相手に知らせながらクリエイティブな告白する方法知りたくありませんか」
以前にインターネットで見た面白いプログラムを共有します。実行の結果は次のようになります。

ハード型に任意のテキストを入力できます。

Pythonを習得した場合は、独自の創造性を開発し、文字列操作やその他のスキルを使用して、面白い小さな作品を作成できます。

共有します。

ハードグラフは、一連の点(X、Y)で構成される曲線です。XとYは一定の関係を満たしているので、この関係に基づいてモデルを構築し、表現式を確立することができます(少しわかりにくいですが、興味があれば深く勉強しましょう )。 式が満たされると、2つのforループ(for X in range(…)、for Y in range(…))が各行と列を出力します。

もちろん、上記の例のように、自分でいくつかのトリックを追加することもできます。上記は、timeモジュールを組み合わせて、ユーザーが入力されたテキストをスペースでいくつかの文字列に分割し、timeモジュールを使用して時間差を作成し、順にハードを作成できるようにします。 動的感覚を作り出すのは楽しいことではありませんか?

コンピューターファイルの整理

もし、あなたがダウンロードするのが好きで、それらを整理する習慣がないか、チームメンバーと協力して改訂を続け、最後にコンピュータにたくさんのコピーが残っているのであれば、Pythonのosモジュールを学ぶ必要があります。このモジュールは、移動、削除、コピー、名前の変更などのファイル、パス、フォルダーに関連するほぼすべての操作を処理できます。

例えば、携帯電話の音楽ファイルははさまざまなフォルダーに散らばっています。すべての音楽をコンピューターにコピーしたいのですが、フォルダーが多すぎてどこから始めればよいのかわかりません。

この種の問題に遭遇した場合は、Pythonに任せてください。処理が速くなるだけでなく、作成したプログラムを次回使用することもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です