22 October, 2020

インターネットデータを保護する5つの最高のプライバシーブラウザー

いつでも匿名のオンラインブラウジングを維持することは非常に困難です。定期的にCookieをクリーンアップしても、広告代理店や関心のある人々、さらには友人でさえ、個人情報を取得する方法があります。可能であればVPNを介してそれを実行するのは最も安全な方法ですが、この記事では、匿名性を維持してインターネットを安全に閲覧できるように、いくつかの最高のプライバシーブラウザを整理しています。

ほとんどの人が一般的に使用しているChromeがリストに含まれていません。他のブラウザと比較して、Chromeのオンラインプライバシーは実際にはそれほど良くないためです。

最高のプライバシーブラウザ

1、全体的に優れたプライバシーブラウザ:BraveBrave
ブラウザーは、組み込みの自動HTTPS接続機能、広告とスクリプトのブロック、Cookieの管理機能、パスワードマネージャーなど、非常に豊富なセキュリティ機能とプライバシー機能を提供するため、この推奨リストのナンバー1です。
さらに、サイトまたはブラウザ全体に基づいて防御設定をカスタマイズすることもできます。
Braveがブロックした不要なコンテンツと追跡機器の数を知りたい場合は、「新しいタブページ」を開くと、ブロックの状態を確認できます。
Braveのデフォルト設定は非常に信頼性が高く、フィッシングやマルウェアなどを自動的にブロックします。デフォルト設定が気に入らなければ、カスタマイズができます。

2、最高のセキュリティブラウザ:Tor
全面性や安全性をカバーするブラウザを探しているなら、Torブラウザが良い選択です。
Torを使用すると、セキュリティ上の懸念を最小限に抑えることができます。たとえば、ブラウザのデュアルポートを最大化しようとすると、TorはWebサイトの追跡が可能になると警告し、デフォルトのウィンドウサイズを小さく変更することを推奨します。
Torは、インターネットの閲覧が完了した後に履歴とCoookieを自動的に削除する、サードパーティのトラッカーをブロックする、ネットワークトラフィック保護の3層暗号化など、他のセキュリティ対策も提供します。

3、カスタムプライバシーが最も多いブラウザ:Firefox
ブラウザのプライバシーとセキュリティ設定を手動で管理したい人にとって、Firefoxは試してみる価値のあるソフトウェアです。
開発者のMozillaは、デフォルトの設定によってユーザーに強力なプライバシー保護がすでに提供されていることを強調していますが、Cookieのブロック、サードパーティのトラッカー、セキュリティレベルなど、多くの詳細なプライバシーおよびセキュリティ設定をカスタマイズできます。
完全なるセキュリティが必要な場合は、「厳格」オプションに設定できます。これにより、検出されたすべてのトラッカーがブロックされます。
「標準」オプションを使用することもできます。これにより、プライバシーと性能のバランスが取れます。
さらに、Firefoxのプライベートブラウジングモードが追跡保護もサポートしていて、非常に優れています。

4、Macに最適なプライバシーブラウザ:SafariAppleによると、SafariはMacで最高のブラウザーですが、使用方法は人それぞれ異なるため、あなたに適しているかどうかあなた次第ですが、少なくともセキュリティとプライバシーは非常に優れています。
Appleによれば、Safariは機械学習を使用して、他の人があなたの閲覧履歴を含むあなたの個人データを追跡するのを防ぎます。
Safariの機械学習は、広告主や他のトラッカーを検出し、それらの「クロスサイト追跡データ」を削除します。
さらに、Safariには、サンドボックス、危険なWebサイトの警告、プライベートブラウジング(DuckDuck GOのデフォルト検索エンジン)、強力なパスワードの自動生成など、他にも多くの便利なセキュリティ機能があります。また、すべてのインターネットパスワードを保存でき、自動入力機能を介して、すべてのAppleデバイスですばやく使用できます。
SafariはiCloudキーリング(オプション)と連携することもできるため、特定のデバイスで許可する自動入力コンテンツ(ユーザー名、パスワード、クレジットカード情報、ソーシャルメディアアカウントのログイン名など)が決定できます。
iCloudキーリングの最適な使用法は、エンドツーエンドの暗号化技術を使用して機密データを保護することです。Appleがアクセスのためにそれを解読することもできません。

5、代替オプション:Microsoft Edge
MicrosoftのEdgeブラウザはWindowsでしか使用できないと多くの人が思うかもしれませんが、実際にはmacOS、iOS、アンドロイドなどの他のプラットフォームも利用できます。
つまり、iOSまたはMacで組み込みのSafariブラウザを使用したくない場合は、代わりにEdgeをダウンロードできます。
このカスタムプライバシーオプションもFirefoxによく似ていて、非常に豊富です。追跡を防止する3つのオプション(プライバシーレベル:基本、バランス、または厳密)と、Cookie、位置情報要求、広告などのカスタムWebサイトのアクセス許可を提供します。
最新バージョンでは、Microsoftは新しいSmartScreen機能も提供しており、デフォルトで有効になっています。 マイクロソフトによると、この機能はフィッシングサイトや悪意のあるファイルからコンピューターを保護することができるとしています。
アクセスしたサイトが安全でない場合、SmartScreenも警告します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です