ホーム > >

2020年にどちらのMacBookを選択すべきでしょう

この記事では客観的なデータを使って、コストパフォーマンスの高いMacBookの購入に繋げ、素人と専門のユーザーにも役に立つように目指しています。

AppleのMacBookシリーズ製品は、MacBook、MacBook Air、MacBook Proの3つのタイプに分類されています。 その中、MacBookは2019年に生産停止され、MacBook AirとMacBook Proは年に1〜2回更新されます。

主な部品とパラメーター

ディスプレイ

Appleのラップトップでは測定単位として「インチ」を使用します。1インチ= 2.54 cmで、ディスプレイの「対角線」の長さを測定しています。画面の長と幅の比率は16:10です。

ディスプレイの「対角線」の長さが1インチ増加すると、実際の画面面積が大幅に増加します。

  • 12.1インチMacBookの画面面積は425cm²です。
  • 13.3インチMacBook Air / Proの画面面積は512cm²で、12インチMacBookより20%大きくなっています。
  • 15.4インチMacBook Proの画面面積は687cm²で、13インチAir / Proより34%大きくなっています。
  • 16インチMacBook Proの画面面積は742cm²で、13インチAir / Proより44%大きくなっています。
Macには、Mac mini、iMac、MacBookが含まれます

プロセッサ(CPU)

最も重要なパフォーマンス指標です。Appleのラップトップは4種類のIntelモバイルプロセッサを使用し、iMacおよびMac miniはIntelのデスクトップ級プロセッサを使用しています。
素人はCPUがi5かi7か1.4GHzか2.0GHzかを見るが、実際にはその見方が間違っています。インテルは素人をごまかすため、いずれのシリーズのローエンド製品、ハイエンド製品をi5/i7と名付けています。同じi7と呼ばれるが、実際の性能はかなり異なっています。

CPUのパフォーマンスは、弱いものから強いものへとシリーズ順に並べ替えると、5ワットCoreM <9ワットY <15/28ワットU <45ワットH <65/90ワットデスクトップ級プロセッサーになります。

例えば、2019年にインテルは「i7」という名前のプロセッサを10数個を発表しました。これらのプロセッサのパフォーマンスは弱さから強さまでランク付けますと、以下になります。
7 ワット i7−8500Y、15 ワット i7−8565U、28 ワット i7−8559U、45 ワット i7−9750Hです。

これらはモバイル側のi7プロセッサの一部にすぎません。デスクトップの “i7″はまだ多数にあるので、”i7″をパフォーマンス良さの判断指標として使用しないでください。

異なるシリーズのプロセッサーの設計、消費電力はかなり異なります。たとえコアの数が同じであっても、パフォーマンスは完全に異なります。

例:2020 MacBook Airが4コアi5にアップグレードされても、全負荷時のCPUパフォーマンスはエントリーレベルの4コアi5 MacBook Proのわずか61%です。

MacBook:intel CoreMシリーズ2コアプロセッサ、設計電力消費量5 ワットです。 Intelの第7世代プロセッサ(MacBook2017)に属しています。

MacBook Air:intelのYシリーズの2/4コアプロセッサ、設計電力消費量7-10ワットです。 Intelの第8世代(2018Air、2019Air)と第10世代(2020 Air、オプションの4コア)に属しています。

13インチMacBook Pro:intel Uシリーズ4コアプロセッサ、設計電力消費量15/28ワットです。Intelの第7世代(2017Proデュアルコア)、第8世代(2018Proクアッドコア、2019Proクアッドコア、2020Pro低構成クアッドコア)、および第10世代(2020Proクアッドコア)に属しています。

15/16インチMacBook Pro:intel Hシリーズ6/8コアプロセッサ、設計電力消費量45 ワットです。Intelの第8世代(2018 Pro)および第9世代(2019 15/16インチPro)に属しています。
Mac mini:intelデスクトップ級プロセッサ、設計電力消費量65ワットです。ntelの第8世代(2018/2020 Mac mini)に属しています

21.5インチ4K iMac:intelデスクトップ級プロセッサ、設計電力消費量65ワットです。Intelの第7世代(2017 iMac)および第8世代(2019 iMac)に属しています。

27インチ5K iMac:intelデスクトップ級プロセッサ、設計電力消費量65/91ワットです。Intelの第7世代(2017 iMac)と第8/9世代(2019 iMac)に属しています。

メモリ(RAM)

メモリのサイズによって、同時に開くアプリケーションの数が決まります。メモリが大きいほど、CPUが同時に処理する情報が多くなります。

8GBのメモリは、Appleのラップトップの主流の構成であり、日常の使用に対応できます。

  • 12/13インチMacBook / MacBook Air / Proには8GB のメモリが標準として装備されています。
  • 15/16インチMacBook Proには16GBのメモリが標準として装備されています
  • メモリ周波数(MHz)が高いほど、読み取りデータ速度が速くなり、コアグラフィックスカード(GPU)のパフォーマンスが高くなります。
  • 周波数が2400MHzより高い場合、メモリ周波数はプロセッサ(CPU)のパフォーマンスにほとんど影響しません

メモリ大きさと周波数のリスト:

  • 13インチMacBook Pro 2017-2019: 8GB LPDDR3, 2133MHz
  • 13インチMacBook Pro 2020:16GB LPDDR4X, 3733MHz
  • 15インチMacBook Pro 2018-2019:16GB DDR4, 2400MHz
  • 16インチMacBook Pro 2019: 16GB DDR4, 2666MHz
13インチMacBook Proマザーボードの回路図

ハードディスク(SSD)

コンテンツの保存に使用され、MacBookハードディスクの最大読み取り速度は3.2GB / sで、5400RPM機械式ハードディスクの12倍です。

ヒント:多くの古いコンピューターの「スタック」の原因は、ハードディスクの読み取りと書き込みの速度で、CPUのパフォーマンスではないものです。

  • 12インチ:標準装備256GB容量
  • 13インチAir:標準装備256GB容量
  • 13インチPro:標準装備256GB容量
  • 15インチ:標準装備256GB容量
  • 16インチ:標準装備512GB容量
16インチMacBook Proマザーボードの回路図

グラフィックカード(GPU)

グラフィックプロセッサ、アップルのコンピュータはコアグラフィックカードとディスクリートグラフィックスを使用します。

  • 12/13インチAir / ProはIntelコアグラフィックカードを使います。
  • 15/16インチMacBook ProはIntel コアグラフィックス+ AMDディスクリートグラフィックスを使用します。

ディスクリートグラフィックスカードのパフォーマンスは、同時期のコアグラフィックスカードの2〜4倍であり、別個のグラフィックスカードメモリを備えています(参考5500M vs. UHD630)。

コアグラフィックスカードを使用するAppleラップトップはコンピューターとメモリを共有するため、メモリ周波数(MHz)が高いほど、コアグラフィックスのパフォーマンスが高くなります。

Appleラップトップ購入アドバイス

  • 「最軽量、薄型でポータブル」から「最強性能、最重量」の順に並べ替え、個人のニーズに応じて確認してください。
  • 「GeekBench5」スコアでプロセッサ(CPU/GPU)の基本性能を反映します。普通のユーザーは、CPUの「シングルコア」のパフォーマンススコアを比較するだけで済みます。マルチスレッド作業の場合、CPUの「マルチコア」スコアとGPUの「Metal」スコアを比較してください。
  • 「CineBenchR20」スコアでプロセッサ(CPU)が長時間でマルチスレッド動作性能を反映します。長時間のマルチスレッドターボワークロードのGeekBench5スコアは無視してください。

私のニーズは、日常の使用と時々の高性能作業(学校/オフィス/映画鑑賞/ 1080pビデオ編集/コード書き込み)です。

12インチ、13インチAir、または13インチProを選択できます。パフォーマンスは順次に向上します

12インチMacBook

  • 0.92 kgの重量で、最も薄くて軽いAppleラップトップ
  • 2017 MacBook:Intelの第7世代m3-7Y32 設計の消費電力4.5ワット、Geekbench5スコア:シングルコア694マルチコア1502
  • フル充電後、10時間のバッテリー使用時間

このMacBookの最大のセールスポイントは、非常に薄くて軽いことです。「iPad 2台」の重量に相当します。標準装備256GBの容量で、オフィスや音楽やビデオ鑑賞の日常的なニーズを満たすことができます。最も薄くてポータブルで、高性能を必要としないユーザーは、この12インチMacBookをお勧めします。

13インチMacBook Air

  • 13.3インチの薄型軽量ラップトップ、重量1.25 kg
  • 2018Air:Intelの第8世代i5-8210Y、設計消費電力7ワット、Geekbench5スコア:シングルコア747マルチコア1502。
  • 2019Air:2018 版CPUと同じ、設計消費電力は7ワットGeekbench5スコア:シングルコア747マルチコア1502
  • 2020Air:Intelの第10世代i3-1000NG4、設計消費電力9ワット、Geekbench5スコア:シングルコア1007マルチコア2020
  • 2020Airハイエンド:Intel第10世代i5-1030NG7、設計消費電力10ワット、Geekbench5スコア:シングルコア1061マルチコア2691。
  • 2020Airトップエンド:Intelの第10世代i7-1060NG7、設計消費電力10ワット、Geekbench5スコア:シングルコア1121マルチコア2909。
  • 日常の使用や時折の高パフォーマンス作業(1080p編集)に対応可能
  • フル充電からの最長バッテリー使用時間:11時間

Apple ノートパソコン Airシリーズは軽量さとバッテリー持続時間に重点を置いていますが、Airは今でもすべてのMacBookの中で最もバッテリー持続時間が長いシリーズであり、学生や簡易オフィス事務の最適な選択です。

2020 MacBook Airは、スピーカーをアップグレードし、キーボードとマイクを改善しました。昨年のi5-8210Yと比較して、i3-1000NG4のシングルコアパフォーマンスは34%向上し、日常のニーズを満たすことができます。 アップグレードされたi5-1030NG7は2つのCPUコアを追加し、マルチスレッドの効率を2倍になります。

注意:GeekBench5スコアでは、長時間の高性能作業を維持できないと反映しています。

MacBookAirファンはヒートパイプでCPUに接続されておらず、長時間の高性能作業の放熱効果は低くなります。 したがって、プロユーザーはAirシリーズを購入することをお勧めしません。 AirシリーズCPUの全負のパフォーマンスはProのわずか33%です。

MacBook Air(2018-2020)仕様:

  • 高解像度Retinaディスプレイ
  • 画面領域が12インチよりも20%大きい
  • 画面の彩度93%sRGB、71%DCI-P3、2017Airより25%高い
  • 画面の明るさは2017Airより20%高い
  • フル充電のバッテリー使用時間はProより1時間長い
  • 指紋ロック解除(Touch ID)を装備
  • ドルビーアトモス(Dolby Atmos)をサポート(macOS 10.15のアップグレード後)

2020Airアップグレード後の仕様:

  • キーボードの安定性が向上し、キーストロークが0.5mm増加
  • スピーカーのステレオ効果が改善
  • 3つのマイクに増加、指向性ビームフォーミングをサポート
  • 外部ディスプレイは最大6016 x 3384(6K)をサポート

その他の2020MacBook Airパラメータ:

13.3インチMacBook Air

13インチMacBook Pro(2017-2020)

13.3インチ、重量1.37 kg
2017年モデル:第7世代Intelデュアルコアi5-7360U、設計消費電力28ワット、Geekbench5スコア:シングルコア853マルチコア2021
2018モデル:第8世代Intelクアッドコアi5-8259U、設計消費電力28ワット、Geekbench5スコア:シングルコア890マルチコア3824
2019モデル:第8世代Intelクアッドコアi5-8257U、設計消費電力15ワット、Geekbench5スコア:シングルコア926マルチコア3812
2019モデルのハイエンド:第8世代Intelクアッドコアi5-8279U、設計消費電力28ワット、Geekbench5スコア:シングルコア951マルチコア3897
2020モデル:第8世代Intelクアッドコアi5-8257U、設計消費電力15ワット、Geekbench5スコア:シングルコア908マルチコア3747
2020 i5:第10世代Intelクアッドコアi5-1038NG7、設計消費電力28ワット、Geekbench5スコア:シングルコア1135マルチコア4233
2020 i7:第10世代Intelクアッドコアi7-1068NG7、設計消費電力28ワット、Geekbench5スコア:シングルコア1226マルチコア4512
フル充電後10時間のバッテリー使用時間

Proシリーズが15ワットのUチップを使用している場合でも、実際のCPUパワーはハイエンドの28ワットUチップとほぼ同じであるため、2019モデルは低スペックと高スペックに明らかな違いはありません。

アップルのプロ仕様のラップトップのエントリーモデルとして、「ボトル入りの水3ボトル」の重量で、ProはAirよりCPUマルチコアパフォーマンスで2倍にし、GPUは76%向上しました。CPUの高周波数を長期間維持でき、CPUの全負荷はAirの全負荷の3倍(30ワット)です。 高性能作業(4Kビデオ編集/写真編集処理、Java / Python / C ++)に適しています。

13インチMacBook Proでは、CPU / GPUパフォーマンスに加えて、Airと比較して次の点が改善されています。

  • 最大画面輝度は500 nitで、Airより25%高い
  • 99% P3広色域ディスプレイ、Airより28%多い
  • タッチパッドの面積は43cm²で、Airより8%大きい
  • タッチバー(Touch Bar)は、F1〜F12ボタンを置き換える
  • スピーカーは低音のセットを追加し、ドルビーアトモスをサポート(macOS 10.15のアップグレード後)。

マルチコア処理を必要とする作業では、4コアCPUのProの購入をお勧めします。2018/2019/2020エントリーモデル、これらのパフォーマンスは非常に近いです。

2020 MacBook Pro高スペックモデルでは、エントリーモデルと比較してオフィスパフォーマンスが25%向上し、CPUフルロードパフォーマンスが29%向上しています。

その他の2020 MacBook Proデータ:

高性能のCPU負荷作業が必要な場合(ソフトウェア開発/フォト編集/ビッグデータ分析/機械学習/音楽制作)

  • 15/16インチMacBook Pro
  • 1.83 / 2.0 kg
  • 画面面積は687cm²/742cm²で、13インチと比較して34%/ 44%増加
  • 2018 15インチモデル:第8世代i7-8750H、設計消費電力45ワット、Geekbench5スコア:シングルコア961マルチコア4774
  • 2019 15インチモデル:第9世代i7-9750H、設計消費電力45ワット、Geekbench5スコア:シングルコア1024マルチコア5079
  • 2019 16インチモデル:第9世代i7-9750H、設計電力消費45ワット、Geekbench5スコア:シングルコア1029マルチコア5381、13インチMacBook Proマルチコアパフォーマンスと比較すると43%向上

長時間の高性能作業についてはCineBench R20スコアと比較してください:

  • 2019 13インチPro(15ワット i5):1583
  • 2020 13インチエントリーPro:1588
  • 2020 13インチ10世代i5Pro:1998
  • 2020 13インチ10世代i7Pro:2034
  • 2019 15インチPro(45ワット i7):2425
  • 2019 16インチPro(45ワット i7):2632
  • 2020 Air(9ワット i3):690
  • 2020 Air(10ワット i5):987

CPU高負荷作業はMacBook Airを購入しないでください。

CPUのフル負荷性能は16インチは13インチより52%向上しました。

2018/2019 15/16インチモデルには、規格6コアの45ワットCPUが搭載されており、CPUには約50ワットのフル消費電力に搭載され、マルチスレッドのパフォーマンスが大幅に向上します。 6コアCPUを日常的に使用すると、13インチCPUと比較してパフォーマンスが19%向上し、16インチCPUの放熱を改善後、パフォーマンスがアップされました。

CPU / GPUパフォーマンスに加えて、15/16インチMacBook Proには次の改善があります。

  • 最大画面輝度は500 nitで、Airより25%高い
  • P3広色域ディスプレ、Air表示色より25%多い
  • タッチパッドの面積は63cm²で、13インチProより46%大きい
  • タッチバー(Touch Bar)は、F1〜F12ボタンを置き換える
  • 忠実度の高い6スピーカー、低音と中音域のセットを追加、ドルビーアトモスをサポート
  • 3マイクアレイ、指向性ビームフォーミングをサポート

日常作業は類似状況に対しては32GBのメモリをアップグレードすることをお勧めします:「単一サンプル> 4,000万ピクセルを超え、RAWフォーマットからJEPG」へ、または “> 20オーディオトラックのリアルタイムオーディオ調整”。

高性能GPU作業が必要な場合(4KRAWビデオ編集/ 3Dモデリング/ゲーム)

  • 2018 15インチPro(555X):13427
  • 2019 15インチPro(555X):13427
  • 2019 16インチPro(5300M):24231、13インチProより270%向上しました

13インチGPUを比較する:

  • 2018/2019 Air:3077
  • 2020 Air:9948
  • 2018Pro:5854
  • 2019/2020 13インチPro:5491
  • 2020 13インチ10世代Pro:10038
  • データソース:Geekbench5 MetalGPUスコア

15/16インチMacBook ProにはAMD Radeonディスクリートグラフィックスが標準で付属しています。GPUパフォーマンスを必要とする作業では、15/16インチ(GPUアクセラレーションを使用できるソフトウェアを含む)を選択することをお勧めします。 ディスクリートグラフィックスのパフォーマンスは13インチIntelHDグラフィックスの2〜4倍です。16インチの標準5300M GPUは大幅に改善されています。プロフェッショナルアプリケーション向けのMetalの実際のアクセラレーションパフォーマンスはWindows OpenCLでのGTX1660Ti maxQと同じです。

16インチMacBook Pro

よくある質問と回答

1、私は__をしています、どちらを選ぶべきですか?

まずは自分のニーズを明確にすることです。日常作業のCPU負荷高いですか。時々のビデオ編集ですか、それとも4K ProResを常に処理ですか?日常で処理する 単一ファイルのサイズは10MBですか?または10GBですか?

一般的に使用されるプロフェッショナルソフトウェアの公式Webサイトにアクセスして、CPUマルチスレッドとGPUアクセラレーションを使用できるかどうかを確認します(OpenCLまたはMetal APIと互換性があるかどうか)。

2、i7 / i9をアップグレードする必要がありますか?

13インチAirまたはProのi7 CPUをアップグレードすることはお勧めしません。放熱が悪いため、13インチ低スペック(i5-8257U)と高スペック(i5-8279U)のパフォーマンス差はわずか5%-8%ですが、価格は40 %高くなって非常に不経済です。 13インチのi5は全負荷でT junction温度に達しており、i7をアップグレードしてもパフォーマンスの向上はほとんどありません。

2020 13インチProは第10世代i5にアップグレードでき、日常作業のシングルコアパフォーマンスは25%増加し、全負荷時のCPUパフォーマンスは30%増加します。

16インチCPUの全負荷パフォーマンスは13インチCPUよりも126%高くなります。より強力なCPUが必要な場合は、13インチをスキップしてください。

Airの9ワットプロセッサは4コアi5にアップグレードするのにコストパフォーマンスは普通で、全負荷時のCPUパフォーマンスはエントリーProの56%にすぎません(CineBenchR20のスコアを参照)。コア数の増加はマルチスレッド処理を利用できるアプリケーションにのみ役立ちます。

類似状況で、i92.3へのアップグレード2.4GHzのパフォーマンスは2%だけ増加します。

16インチの熱放散が改善された後、同じCPU(i9-9980HK)のパフォーマンスは15インチ(i9-9980HK)のパフォーマンスより6%高く、i7-9750Hのパフォーマンスより29%高くなっています。

3、低スペックCPUおよび8Gメモリで十分ですか?

一般原則:CPU /メモリをなのかと尋ねる人は大体アップグレードする必要がありません。16Gメモリを必要とする人は、16Gメモリが必要であることを非常に認識しています。

より慎重に言うと、単一のファイルが10GB未満(または単一トラックのビデオ編集の解像度が4K以下)であれば、8GBでニーズを満たすことができます。

3GB/sのハードディスクを仮想メモリとして持つ場合、16Gのメモリをオプションで搭載する必要はありません。

以前はメモリが4GBの iPad Proを使用して4Kビデオを編集していましたため、問題ありませんでした。

4、128GB /256GB / 512GB容量?

現在のところ、iphoneのメモリとハードドライブはマザーボードにはんだ付けされており、それら自体を交換することはできません。

予算が限られている場合は、iPadを軽いお仕事のオプションとして検討してください。

iPadOS13.4はマウス/トラックパッドのサポートを追加し、iPad / iPad Air / iPad ProはすべてAppleまたはサードパーティのマウスとキーボードをサポートします。AppのAシリーズのチップのパフォーマンスはMacBook Airに負けなく、日常の軽い仕事を楽にこなすことができます。

他のルートで購入するには、偽物を見分ける能力が必要

  • 古いマシンを組み立てて更新する
  • シリアル番号を変更する
  • デバイスモデルの変更
  • 製造年月を変更する
  • 使用済みのマザーボードを交換する
  • ソリッドステートドライブを交換する
  • バッテリーサイクル数を削除する
  • 偽の充電器充電ケーブル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です