ホーム > >

一番目のVBAマクロを作成する

今までのチュートリアルを通じて、Excel VBAの基本概念を理解し、VBAエディターの初級使用方法を学びました。 まだ読んでいない場合は、まず、チュートリアルを読んで勉強することをお勧めします。

1.Excel VBAとは何ですか
2.Excel VBAの基本概念
3.Excel開発ツールを有効にします
4.マクロのセキュリティを設定します
5.VBAコードを含むワークブックを保存します
6.VBAエディターを使用しExcel VBA開発を行います

次のチュートリアルでは、VBAマクロを最初から作成する方法、VBAプロシージャを解説します。 ステップに従って自分で練習し、コードを手動で入力して実行することをお勧めします。

ステップ1 マクロ有効ブックを作成する

まず、新規のワークブックを作成し、そのワークブックを「マクロ有効ブック」種類として保存します。詳しいステップは、この記事を参照してください

ステップ2 VBAエディタを開く

ツールバーで「開発→コード→Visual Basic」またはショートカットキー Alt + F11からVBAエディターを開きます。 詳しいステップは、この記事を参照してください

ステップ3 新規モジュールを挿入する

ExcelワークブックのVBAコードは通常、ワークシートオブジェクトまたはモジュールに保存されます。 本例では、モジュールでVBAコードを保存します。

まず、左側のプロジェクトウィンドウでワークブックを選択して右クリックし、ポップアップオプションメニューで[挿入]を選択します。 [モジュール]を選択し、新しいモジュールを挿入します。

挿入が完了すると、プロジェクトリストのモジュールフォルダーで新規のモジュールが表示されます。デフォルト名はmodule xです。本例ではmodule1です。プロパティウィンドウでモジュール名が変更できます。

ステップ4 モジュールを開く

先挿入したモジュール1をダブルクリックすると、右側にモジュール1のコードエディタが開きます。右側のコードウィンドウで開いているコードエディタに対応するモジュールは、エディタタイトルの最後に表示されます。

ステップ5 マクロを作成する(VBAプロシージャ)

コード編集ウィンドウで、次のコードを入力します。

Sub MyCode()
End Sub

このコードのVBAプロシージャはありません。始まりや終了しかありません。プロシージャの他のコードはこの中で入力します。

その中で、SubはSubroutineの略語です。 VBAでプロシージャを示す際、プロシージャの開始を示します。 次の行の End Subは、プロシージャの終了を示します。

ステップ6 VBAプロシージャの内容を編集する

プロシージャの内容とは、実際に実行される部分を指します。上記は空白のVBAプロシージャで、実際の実行コードがありません。最終的に実行できますが、結果は何にもありません。

このステップでは、VBAプロシージャの内容を編集します。 次のコードをプロシージャの開始と終了の間に入力します。

MsgBox "Hello World"

ステップ7 コードを実行する

これで完全なVBAプロシージャの編集しました。コードを実行して結果を確認します。

実行するコードの任意の場所にクリックし、ショートカットツールバーの「▶」ボタンをクリックします。

結果を確認します。Excelはダイアログボックスをポップアップされ、コンテンツはコードに入力されているものです。

まとめ

このチュートリアルでは、VBAプロシージャを最初から作成する方法を解説しました。基本的なステップは次のとおりです。

1.モジュールを挿入します
2.空白のプロシージャを作成します
3.プロシージャの内容を編集します
4.プロシージャを実行します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です