22 October, 2020

iPhoneのマイクが故障?10個のiPhoneマイクが機能しない際の修正方法

iPhoneのマイクに問題がある場合、通話を含む多くの機能が大きな影響を受けます。 ここでは、iPhoneのマイクを確認し修復する10個の簡単な方法を紹介します。

iPhoneの最も厄介な問題は、マイクの誤動作です。これは、通話体験を完全に台無しにするためです。 それだけでなく、時には誤解を招きます。 ハードウェアの故障がiPhoneマイクが機能しない主な理由であると考えられていますが、不特定なソフトウェア障害が隠れた原因であることがよくあります。

したがって、マイクに向かってイライラし、解決策を探す際にこれら2つの方面に留意する必要があります。 iPhoneマイクがビデオ通話を発信できなく、最新のソフトウェアアップデート後に異常な動作が発生するにしても、以下の方法は役立ちます。

iPhoneマイクが機能しないのはなぜですか?10個の解決策

機能不良なマイクにおいての初期の解決策
まず、一般的な問題を解決するためにいくつかの基本的な解決策を最初に試します。これらの問題はすぐに解決できます。

マイクを掃除する
信じられないように聞こえますが、小さな糸くずやほこりはiPhoneマイクが正しく動作しない原因である可能性があります。 マイクの音が遮られているか聞こえない、ほこりや糸くずで覆われている可能性があります。 はい、聞き間違いではありません。真犯人がほこりや小さ糸くずであるかもしれません。
マイクからほこりを取り除くより良い方法は、柔らかい歯ブラシを使用してマイクの差し口を磨くことです。 マイクの差し口を数回磨いて、時間の経過とともに増加したゴミを取り除いてください。
マイクが遮られていないことを確認してください。
通話中にiPhoneマイクが正しく機能しない場合は、通話中にマイクが手に遮られていないことを確認してください。 さらに、マイクを遮られている可能性のあるスクリーンプロテクターまたはケースを取り外します。 これらを取り外した後、マイクが正常に動作するかどうかを確認してください。

接続されているすべてのBluetoothヘッドセットを取り外します。
接続されたBluetoothデバイスが原因であり、すべての接続を取り外し、デバイスを再起動してください。
「設定」→「Bluetooth」→「自分のデバイス」の横にある「i」ボタンをクリックします。「このデバイスの登録を解除」クリックして、BluetoothデバイスをiPhoneから取り外します。 次に、携帯を再起動します。
携帯が再起動したら、友達に電話して問題が解決するかどうか確認してください。 この問題を解決したら、それは素晴らしいでしょう。

Phoneマイクは特定のアプリで使用できませんか? マイクの設定を確認する
WhatsAppなどの特定のアプリでマイクを使用できない場合は、アプリがマイクへのアクセスを許可されていることを確認してください。 アプリがマイクを使用できないように誤って選択したか、スイッチを誤ってオフにした可能性があります。 理由が何であれ、制限しないようにしてください。
iPhoneの「設定」→「プライバシー」→マイクを開きます。 次に、問題のアプリを見つけてオンにします。

電話ノイズキャンセリング機能をオフにする
この問題が発生した一部のユーザーは、問題を解決するために電話ノイズキャンセリング機能をオフにすることを提案します。 電話ノイズキャンセリング機能は、特にレシーバーを耳に当てたときに、通話中の環境ノイズを減らすことができます。
それを試してみることをお勧めします。 この操作を完了するには、「設定」→「アクセシビリティ」→「オーディオ/ビジュアル」に移動します。 次に、「電話ノイズキャンセリング」スイッチをオフにします。
iOS 12以前では、「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」に移動し、「電話ノイズキャンセリング」スイッチをオフにします。

iPhoneマイクをテストするテクニック
基本的な解決策を試したので、マイクをテストして、破損していないかどうかを確認します。

ビデオ通話中にiPhoneマイクが機能しない場合はどうすればいいですか?
ビデオ通話またはフェイスタイム通話中に相手の声が聞こえない場合は、この方法を試して、マイクが誤動作しているか、何か問題が発生していないかを確認してください。
ステップ1、「ボイスメモ」→録音アイコンをクリックします。
ステップ2、次に、自分の声を録音します。 音声を録音した後、[再生]ボタンをクリックして録音を再生します。 音が聞こえる場合は、マイクの状態は良好です。
ただし、音が聞こえない場合は、携帯電話のモバイル通信状態をご確認ください。 状況が良くない場合は、問題の原因である可能性があります。
画面の右上から上下にスワイプしてコントロールセンターにアクセスし、機内モードをオンにします。 しばらく待ってから、機内モードをオフにします。モバイル通信が正常に戻っているかどうかを確認します。 正常出ない場合、以下の方法を試して修正してください。

iPhoneマイクのスピーカー機能が正常にしない、またはスピーカーを使用している場合はどうなりますか?
通話中にスピーカーを使用しているときにマイクが正しく動作しない場合は、「カメラ」アプリを使用して、マイクが破損しているか誤動作しているかをすばやく確認できます。
ステップ1。 iPhoneで「カメラ」を開きます。
ステップ2。 次に、デバイスの上部で話しながら、ビデオを録画します。
ステップ3。 次に、iPhoneの上部で話しているときに、カメラセレクタボタンを押して別のカメラに切り替え、他のビデオを撮影します。 ビデオを再生します。 ビデオの音が聞こえる場合は、マイクに問題はありません。 そうでない場合は、マイクに問題がある可能性があります。
Siriを使用して、マイクが正しいかどうかを確認することもできます。 Hey Siriアシスタントを呼び出すか、ホームボタンを押し続けて質問をします。 答えが聞こえれば、マイクは正常に動作しています。 そうでない場合は、マイクを修理する必要があります。

ソフトウェアの原因でマイクの故障を修復する方法
この部分では、マイクの問題を解決する上で非常に信頼できる方法ご紹介します。(ソフトウェアに関連する場合)。

iPhoneを再起動する

この便利なトラブルシューティングツールを見逃してしまいませんか? 上記のすべての解決策を試してもiOSデバイスのマイクが正しく機能しなければ、デバイスを再起動してください。
時折発生するソフトウェア障害の修復で有名であるため、通常の状態に戻すことができます。
iPhoneを強制的に再起動する方法は、デバイスのモデルによって異なるので、デバイスに応じて正しい方法を確認してください。
iPhone Xシリーズ、11シリーズ、iPhone 8/8 Plusシリーズについて

アップルマークが画面に表示されるまでに、左側面の音量キー「+」あるいは音量キー「-」と右側面のロックボタンを同時に押してください。
iPhone 7/7 Plusの場合

アップルマークが画面に表示されるまでに、左側面の音量キー「+」と右側面のロック解除ボタンを同時に押してください。
iPhone 6sおよびその以前のバージョンとiPadの場合

アップルマークが画面に表示されるまでに、ホームボタンとロック解除ボタンを同時に押してください。
iPhoneをリセットする。
それでもiPhoneのマイクが機能しない場合、iPhoneをリセットするしかありません。 デバイスを出荷時の設定にリセットし、既存の設定をすべてリセットすることも意味します。 心配しないでください。iOSは、データと既存のアプリケーションを保存します。
iPhoneで「設定」→「一般」→「リセット」→「すべての設定をリセット」をクリックして、操作を確定します。

デバイスのiOSを更新する
デバイスをリセット後でもiPhoneマイクが機能しない場合、問題はiOSシステムにあるかもしれません。 この場合、ソフトウェアを更新してください。 iOSアップデートするたびにはいくつかのバグ修正と性能強化がされているので、うまくいけばこの問題が解決されるでしょう。
ステップ1。「設定」ー「一般」をクリックします。
ステップ2。 ソフトウェアの更新→「次へ」をクリックして、更新をダウンロードしてインストールします。(更新が必要な場合)

どんな方法使っても効果がない場合はどうしますか?どうしても 問題が解決しない場合は、Appleサポートにお問い合わせください。
それでも問題が解決しない場合は、マイクが破損している可能性があります。この場合、アップルサポートに連絡して、アップルストアのアップル正規サービスプロバイダーまたはGeniusと予約することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です