私たちのネットワークの接続が何故遅いですか

ネットワーク接続の速度が遅くなる原因は様々あります。
Webブラウザをoffにして再オープンし、Internetから切って再接続する(こうするとInternetが遅くなる可能性がある多くの要素をリセットすることができる)。

インターネットが忙しい
Internetサービスプロバイダは通常、Internet接続を複数の家庭間で共有するように設定する。電話回線やブロードバンド接続により単独で接続されていても、電話交換機でのInternetの残りの部分との接続は、実際には複数人で共有されている可能性がある 。その場合、多くのご近所さんがInternetを併用していて、スピードが遅くなっていることに気がつきます。ご近所の人がInternetにアクセスしている場合(例えば夜)は遅くなる可能性が高いです。

一度に多くのコンテンツをダウンロードします。
Internet接続を使用している他の人か或いは自分が一度に複数のファイルをダウンロードしたり、動画を視聴したりすると、Internet接続が理想的な速度に達していない場合があります。

信頼できない接続
あるInternet接続が信頼できない。特に、一時的な接続や高需要地域の接続はそのどおりです。カフェやコンベンションセンターなどの人が密集してい場合はInternet接続は非常に混雑していたり、信頼できないです。

弱い無線接続信号(wifi)
無線(wifi)を介してInternetに接続する場合は、トップパネル内のネットワークメニューをチェックし、電波が良好かどうかを確認してください。電波が悪ければInternetの速度が遅くなる。電波が強くないからです。

使用するモバイルネットワークの接続スピードが遅い
モバイルネットワークで接続されていて、速度が遅い場合は受信信号の弱いエリアに入っている可能性があります。この場合、Internet接続は高速移動体ブロードバンド接続(例えば3G)から、より信頼性が高いが遅い接続(例えばGPRS)に自動的に切り替わります。

Webブラウザに問題があります。
Webブラウザが速度を遅くするという問題がある。その原因はさまざまある。例えば、ブラウザがうまく負荷できないサイトにアクセスしたとか、あるいはブラウザを開けたままの時間が長過ぎるなどである。解決方法はブラウザのすべてのウインドウを閉じてから再開する。改善されたかどうかをチェックします。

会社はWiFi信号が強いが、アクセス速度は遅い!これはなぜですかね。ご心配いらなく、下記は解決方法を説明します。

一、WiFi信号干渉となる原因
1、無線WiFi信号源が多すぎて、干渉を引き起こします 。
ある創業型企業にとっては同じオフィスビルの中で、社内でWiFi信号を検索してみると、何十個も出現する。無線信号源が多すぎて、深く相互の干渉になる。

現在の無線ルータは,2.4Ghzと5Ghzの2つの周波数帯で動作しており,ほとんどが2.4Gです。多くのルータはデフォルトのチャネルを1または6に設定します。このように、同一周波数同一チャネルの下では、干渉が非常に許容されます 。同じ帯域の音の干渉結果のように、ノイズやノイズが多く出て、はっきり聞こえません。 WiFi干渉後、インターネットデータパケットの損失とWebページのオープンが非常に遅くなります。

2、社内の他の機器と同一周波数で干渉が発生する
同じ2.4Gで動作する機器には、電子レンジやbluetooth機器などがある 。bluetooth機器は送信電力が小さいので干渉は考慮しない 。電子レンジが動作する場合に漏れのパワーが凄まかったり、大きな妨害になったりすることがあるが、これは簡単に発見できるし抑えられる。

二、無線WiFi信号が強いのに、インターネットを使うスピードが遅い解決方法
会社のWiFi信号がいっぱいであることが判明しましたが、接続速度が遅いことが分かった場合は、まず、電子レンジが入っていないか、ブロードバンド自体に問題がないかを排除する。そして多くの人が同時に利用していないなら手動でWiFi信号干渉の問題を解決しなければならないのです。

解決も複雑ではないんですが、このルータに5Gの帯域があれば,5Gのネットワークを接続します。大抵普通問題の解決ができます。多くのルータが2.4Gのものを利用していますから。

周辺のWiFi状況を測定し分析します。
周辺のWiFiの数、強さなどを測定します。主にすべてのWiFi信号が使用されているチャネルをチェックします。ルータのチャネルが最も多いWiFi源にあるかどうかをチェックします。最も多いWIFI源にあるなら避けなければいけないのです。

3、無線AP/ルータのチャネルを設定します。

テスト分析後は,無線AP/ルータチャネルを新たに設置する必要があり,WiFiスタックのチャネルを避けるようにすればよいのです。
WiFiの2.4GHzでは国内で13チャネルが利用可能でありますが,相互に干渉しないチャネルは3個しかないのです。例えば、常用の 1、6、11チャネルであります。したがって、一般的なルータの出荷設定のデフォルトのチャネルは1または6であるため、信号がスタックにし干渉しやすいです。

したがって,電波妨害によるノイズが発生した後に電波***のチャネルを見つけてセットすればよいのです。あるいは簡単に直接11か13に設定したらそうにはならないです。

wi-fi信号を自働にしないことに注意してください。自働モードは、一般的には周辺のwi-fi信号強度チャンネルをスキャンして判断しますが、スキャンの周波数が大きくなり、利用にも影響を及ぼします。

4、無線AP/ルータのネットワーク最適化

これは,無線AP/ルータの管理バックグラウンドに入ってルータとインタフェース等を管理する。簡単にアプリケーションを加えることができます。普通は2.4Gと5Gの2つが利用できます。各無線APのアクセス状況を最適化し、端末ユーザを最も近い無線APに接続し、悪い信号または負荷の大きいAPに接続することを回避します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です