「Runtime Broker」とは何ですか。なぜ私のコンピューターで実行されるのですか

この記事を読んでいるのであれば、Windowsタスクマネージャーでこのプロセスに気づいたかもしれません。おそらく、このプロセスが大量のメモリとCPUを消費する理由を疑問に思っているでしょう。 ここでお答えいたします。

“Runtime Broker”とは何ですか?

Runtime BrokerはWindows 8/10でMetro Appの権限管理をサポートするコアプロセスです。

一般的に,Runtime Brokerはメモリをほとんど占有せず,パフォーマンスには影響しません。MetroAppが実行していなければRuntime Brokerは実行しません。

Runtime Brokerは,アプリに何らかの権限(たとえばネットワーク接続,カメラを開くなど)があるかどうかをチェックし,それらの権限をアプリケーションに許可するかどうかをユーザに提示します。このプロセスが通常の場合にはシステム資源を占める割合は少ないです。

RuntimeBrokerについてよくある問題

1、写真アプリケーション単独で起動すると,Runtime Brokerが起動されると同時に、State Repository Serviceに応用し、CPUの使用率はつねに100%になります。(写真アプリ設定画面のすべての機能スイッチをoff) しかし、ある画像を開く形式で写真アプリケーションを開くと、このような現象は起こりません。

2、ロック画面になってがしばらく待機していると,写真アプリケーションがバックグラウンドで起動し,それによってRuntime Brokerが起動されCPUの使用率が100%になります。

3、このような異常が生じた場合、Runtime Brokerを強制終了させてから写真アプリケーションの設置画面に入ると画面がブリーズし、その後写真アプリケーションは異常にログアウトします。下記写真のようなブリーズ状態になります。ずっとOneDriveをチェックしているような状態です。

CPU がwin10システムのRuntimebroker.exeプロセスによって占有される際の解決方法

1、windows+Rを押して「ファイル名を指定して実行」を開きます。【regedit】と入力して「確認」をクリックするとレジストリーエディターが開きます。

2、其々のレジストリのイベントログの中でCLSIDとAPPIDを検索し、それを右クリックして、アクセス許可をクリックします。そして、[詳細設定]をクリックして、所有者をadministratorsに変更し、アクセス許可をフルコントロールに変更します。

3、コントロールパネル管理ツールに入って、コンポーネントサービスを開いて、ルート:コンピューター→MYパソコン→DCOM配置→RuntimeBrokerを見つけて、右をクリックしてプロパティページに入ります。アプリケーションIDとwindowsイベントログ中のAPP IDが一致することを確認し、セキュリオプションカードをクリックし、実行とアクセス許可のアクティブ化をカスタマイズに編集します。Authenticated Users、NETWORK SERVICE,、SYSTEMの三つのユーザを追加します。ローカルのアクティブ化のアクセス許可をクリックします。

操作完了後に一度パソコンを再起動します。ネットワークを開いてもruntimebroker.exeプロセスによるcpu使用率が高い問題は発生しないはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です